[Mu Legend プレイ日記] 4

そういえば、新サーバーがオープンしていましたね。

 

 

ゴールデンタイムでこんな感じでした。

 

 

まだオープンしたばかりですし、「グッドラック!」としか私には言えません。

 


ダークロード最後のクラススキルであるオメガドライブを習得しました。

 

 

これも溜めスキルです。

基本的に溜めスキルは、溜め中の移動ができないようす。

 

 

 

解き放つと自身を中心とした地表に燃焼地帯を作り出します。

 

 

継続的にダメージを与えるのですが、ダメージ自体はそれほど高くはありません。

どちらかと言えば、80%スロウが強くて一度乗った敵を逃さない点が優秀です。

スロウのおかげで総ダメージが多くなるスキルだと思います。

 


メインクエストで行けと言われたのでIDにやってきました。

護衛クエストがあるのがデフォになっているような気がします。

 

護衛してくれてありがとう!って目の前にまだ敵いますよー!

 

 

 

ボスは腹からScorching Rayマンです。

 

 

このまま1回転でもするのかと思いきや、120度くらいしかカバーできていなかったので

後ろに回り込んで後頭部を殴り続けるだけの作業でした。

 

 

オールマンが最強で、そこから次第にボスが弱くなっていってる気がします。

 

ところでこのボス部屋、PoEのAct4あたりで見たことあるデザインですね。

 

 


サクサク進めてラストダンジョンへ辿り着きました。

 

 

 

最後くらいはPTで攻略することにしました。

 

 

 

このボスも特に強くはなく、あっけない幕切れでした。

 

 

 

メインクエストが終わった時点でレベルは64/57でした。

レベル上限は65らしいです。

 

 

レベルアップまであと僅かだったのでエリアクエストを3回くらいこなして上げてきました。

 

お知らせが出現。色々なIDへ行けるようになりました。

レベル65からが本番ということでしょう。

 

 

 

各大陸の最後のIDでミスティック難易度を選べるようになっていて、

1段階目なのにモンスターがかなり強化されていました。

 

 

 

ミスティック5段階目はこんな感じ。

雑魚モンスターにすら勝てなさそう。

 

 

 

ただし、デイリーミッションがミスティックに絡んだ内容なため、避けるわけにもいかなさそうです。

 

 

 

デイリーミッションで溜めたコインはアイテムと交換できるようでした。

 

 


レベル65になったので、まずは最後のエキスパートスキルを手に入れに行ってみます。

毎度のことですが、ソロダンジョンへ行ってこいの流れです。

 

 

 

背中スタート・・・まさかの背中スタート。

 

 

 

途中下車をするために、親切に運んでくれていたドラゴンさんの弱点をチクチク攻撃する鬼畜展開。

 

 

 

ちょっと強く叩きすぎたみたいで、ドラゴンさんが墜落してしまいました。

あと、与ダメージを表示するUIがバグっていました。草生えそう。

 

 

 

進んで行くと、特撮に出てきそうな戦士がいました。

 

 

膝に矢を受けてしまったならしょうがない。

 

さらに進むと巨神兵(?)が妨害してくるエリアがありました。

 

 

 

安全なところに一時避難しようと思ったら道が塞がれてしまい、

 

 

 

駆け抜けようとしても行き止まり!

 

 

結局、雑魚モンスターを全滅させたら通れるようになりました。

 

その後も、何度か巨神兵に遭遇しました。

手前にビームからの、

 

 

 

奥にビーム・・・うーん。

 

 

 

腕による薙ぎ払いもありました。

 

 

・・・Kitavaリスペクトかな?

 

 

そして登場する特撮戦士B。

もう世界観がぐちゃぐちゃです。

 

 

 

今度の特撮戦士Bは一緒に戦ってくれました。

 

 

 

ボス戦か?と思ったら中ボス戦でした。

 

 

 

3連戦でしたが、特に強い印象はありませんでした。

 

 

 

そして登場するボス。

いかにもな外見なので分かりやすいですねw

 

 

 

隙の少ない相手でしたが、回避優先しながら少しづつ削りました。

 

 

 

無事に討伐完了。

このゲームにも大分慣れてきたように感じます。

 

 

 

3つ目のエキスパートスキルのスロットが開放されました。

 

 

 

このスキルはバフを掛けてくれるのは良いのですが、

 

 

やっぱり効果時間が分かりません。

範囲もどの程度の広さかで使い勝手が大きく変わりそうです。

 

というわけで、もう一方のスキルを習得しました。

 

 

トグル型のスキルで、範囲内の敵にダメージを与え続けてくれます。

範囲の広さはこれくらい。

 

 

発動中はマナがもりもり減っていくのが特徴的ですね。

マナが尽きたら自動的にOFFになっちゃいます。

そのため主な使い方は、発動中にひたすら左クリックで敵を殴ってマナ回復したり、

前回お蔵入りした浄化の神光を使って、できる限りマナ切れを遅らせるような形が良さそうです。

 

 

浄化の神光をしばらく使っていたのですが、状態異常への免疫効果も地味に便利だと思います。

 

戻ってきたら、クエスト報酬で翼を選べました。

 

 

 

まずは普通の白い翼。

 

 

 

お次はコウモリの羽・・・ではなくドラゴンの翼。

 

 

 

そして、急にファンタジー感出してくる翼。

・・・羽?

 

 

 

最後は、某ロボットアニメに出てきそうな翼でした。

 

 

 

もちろん、この翼を選びました。

 

 

 

なぜなら

 

 

 

ここで選んだ翼には成長させる要素が付いています。

 

 

無限の塔というIDへ通えば育てていくことができそうです。

 


というわけで、早速無限の塔に行ってみたかったのですが、

レベル65になって装備できるアイテムの幅が広がったので、間に合わせ用の装備品を取引所でササッと揃えることにしました。

値段的には伝説等級で揃えるのが良さそうです。

 

 

ところで、なぜ取引所に並んでいるアイテムは未鑑定品ばかりなのかな?

って気になっていたのですが、鑑定する時に費用が掛かるんですねw

 

 

今まで何も考えずにホイホイ鑑定してました・・・。

 

色々と買い物したら実績をゲットしたらしい。

こういうのもあるんですねー。

 

 

 

装備も揃ったので無限の塔に行ってみます。

 

 

 

なんやかんやありまして(スクショ撮り忘れ)

31階で力尽きました。

 

 

エレベーター(円状のエリア)の上で湧いてくる敵を倒すだけというシンプルなIDでした。

エレベーターに乗っかっているだけなので、塔を登っている感は全然ありませんでしたが・・・!

 


無限の塔だけではなく他にもいくつかIDが開放されてまして、

戦闘力による入場制限があるIDが2つあるようでした。

 

 

「97,250」って細かいなーと思いきや、

 

もう一方も同じ数値が必要みたい。

 

 

「97,250」はよほど大事な数値らしいです。覚えといて!

 

 

NPCに話しかけていたらアーティファクトを制作できるようになりました。

 

 

最初のアーティファクトは効果が地味ですね。

 

 

 

これも成長要素があるそうです。

 

 

アーティファクトはルパの迷宮というIDでのみ成長させられるらしい。

 

なんて事をNPCが色々と説明してくれていたはずなのですが、

 

 

とても綺麗な投げっぷり。

死んでも生き返れるというメタ発言はNGなのかな。

 

ルパの迷宮は5人PT推奨らしいのですが、このIDにパーティーマッチングはありません。

普通に募集をかけるか、親しいプレイヤーと攻略してねってスタンスらしいです。

 

 

ということは、難易度も高そう。

 

とりあえず、ソロで様子見るよねーw

 

 

 

ここも制限時間付きのIDでした。

 

 

 

少し進んでみた感じでは、ほぼ一本道のレイアウトっぽいです。

この不思議なキューブに触れると次のエリアへ移動できました。

 

 

 

う~ん、死にはしないけど制限時間が厳しい。

 

 

 

ペースアップするために、まとめて戦ってみたのですが急に敵が強くなって即死しました!

 

 

きっとこの先にはボスも待ち構えているでしょうし、ソロだと少し厳しいかもしれません。

 


IDを探検していたら、ソウルレベルが上がって念願の「一対」を習得できるようになりました。

 

 

習得できるようになるのが大分遅かったですねw

 

攻撃力の変化はこんな感じ。

 

 

 

ちなみに、ソウルレベルには上限がなさそう?なので、

ソウルレベルのレベリングもエンドコンテンツの1つとなりそうです。

 

 


時々、時空の狭間が暴走して入場回数の残数が無限になります。

 

 

折角なのでミスティックダンジョンにでも見学に行ってみるかー、とソロで突撃することに。

 

必殺、バーニング墓建て!をキメてきました。

 

 

ミスティック1段階なのに雑魚モンスター達が強かったです。(小並感)

 


さて、メインクエストも終わったし、レベルも上限の65になったし、「一対」も習得できたし、

ひと区切りついたのでMu Legendのプレイはこの辺で終わりにしようと思います。

 

最終レベルは65/60でした。

 

 

 

沢山遊ばせてもらったので、公式サイトのアンケートに答えて、

 

 

って、これ選択式のアンケートじゃないですかー。

具体的な意見を書くのはやぶさかではなかったのですが、入力欄がないならしょうがないですね。

プレゼントが当たる可能性もあるらしいので、みなさんも忘れずに回答&応募しておきましょう。

 

個人的にはこのアンケート結果が意外でした。

 

 

わざわざMMOをプレイする層へのアンケートなら、コミュニティ要素に人気が集まるだろうと思っていたのですが・・・。

ハクスラという文言に惹かれたプレイヤーが多いのかな?

あるいは、昔とはプレイヤーの志向が大きく変わってきているのかもしれませんね。

 

 

そうそう、同じアンケートに再度回答すると変な日本語が表示されましたよー!(小声)

 

 


感想

 

Mu Legendは、MMOとMOのハイブリッド型に一本道のクエストを付けて、ハクスラのようなクォータービューを取り入れたゲームでした。

ハクスラよりもMMO/MO寄りです。

腰を据えて本格的に遊ぶのであれば、騎士団(ギルド)に加入しておいた方がエンドコンテンツの攻略をスムーズに行えると思います。

今回、私はすぐにゲームプレイを辞めるつもりだったので最後までどこにも所属せずに遊んでいました。

 

さて、ゲームのデザインについても感想を書いておこうと思います。

 

まず、キャラクターのカスタマイズ性についてですが、

ソウルポイントを振っても、ごく僅かにしか変化しないため成長を実感しづらいです。

紋章などにも同じ傾向が見て取れます。

そのため、各プレイヤーそれぞれの個性が出づらい傾向があります。

(IDの難易度は、1段階変えるとザックリとした大きな数値で変化するため違和感があります。)

 

また、課金形体も賛否は分かれるでしょう。

「Pay to Winゲーか?」と聞かれれば、間違いなく「はい」と答えます。

課金によってゲーム内のパラメータへ影響を与えるようなデザインは、バランス取りが難しくなります。

上で書いたように、キャラクターサイドのパラメーターが僅かにしか変化しないというのは、

バランス調整に対して消極的であることの表れだと思います。

ただでさえバランス調整に自信のない開発なのに、課金がバランスへ影響を与えてしまってはいずれバランス崩壊を招くでしょう。

 

疲労度制についてもあまり良いとは思えません。

少ない入場回数で攻略したければ、

  • 課金アイテムを使って装備強化してください。
  • 課金アイテムを使ってミューンを育ててください。
  • 課金アイテムを使って装備にオプションを付与してください。
  • 死んでしまっても課金アイテムで復活できますよ。

等々というスタンスに見えてしまいます。

なにより、様々な遊び方をするプレイヤーを許容できていません。

 

他にも、エンドコンテンツのIDに制限時間があるために、多様なキャラクターを認められないゲームとなってしまう可能性が出てきます。

実際に遊んでみた限りでは、防御面よりもはるかに攻撃面が大事なゲームだと感じました。

火力のないキャラクターはお断り。みたいな風潮になってしまわないか心配です。

プレイヤーに火力を求めさせた果てには、課金アイテムを使って武器を強化して欲しいという思惑が透けて見えてしまいます。

 

操作性やUIについては割愛しておきます。

 

マイルドに書いたつもりですが、大分辛口になってしまいました。

良い部分もきっとある・・・はずです。

 

最近はMMOの新作もめっきり減ってしまったので、新作MMOというだけで存在する意味と価値は大きいように思います。

基本的な作り込みはしっかりしているゲームだと感じました。(たまにザルなところがありましたが。)

新しい刺激を求めるプレイヤーも、久々に活気づいたタイトルで遊びたいプレイヤーも、満足できる出来なのではないでしょうか。

手堅い出来の作品であるため、人気はしばらく続くだろうと見ています。

また、大きなバグもなく運営上のトラブルも起きていない点は、目立ちませんが評価されるべきでしょう。

 

 

最後に、楽しかった4日間のゲーム体験をありがとう!

と書いて締めくくりたいと思います。


コメントはこちらから