[DQライバルズ] 地獄の帝王杯

今月もやって参りましたドラクエライバルズ。

 

地獄の帝王杯です。

 

 

今月は1日3勝のペースでレジェンドランクに到達できました。

 

 

使用したのはククールデッキです。

 


使用デッキとか

 

前回の記事で《ベホマラー》が強いかもしれないと言ったな、

 

 

あれは嘘だ

 

《ベホマラー》は1体を回復するだけでは《ベホイミ》の劣化になってしまうため2体以上を回復したいところですが、

ユニットを縦に並べないといけないので、《ギガスラッシュ》や《マルティナ》といったカードで壊滅するリスクを取らなければいけません。

《ギガスラッシュ》を使うテリーは流行っていますし、

ピサロ・アリーナ・ククールミラーなどのコントロールタイプの相手デッキには、

ほぼ必ず《マルティナ》が入っているためとてもリスキーです。

それを抜きにしても、なかなか撃てるタイミングがなくて手札で腐っている事が多かったので

早々に《ベホマラー》さんは戦力外になってしまいました。

 

《ベホマラー》に限らず、これまでククールデッキでは色々なカードを試してきたつもりです。

そして、私が最終的にたどり着いたデッキがこちらです。

 

 

デッキの細かな解説をしだすと長文甚だしくなってしまいそうなのでやめておこうと思います。

ちなみに、《ヒューザ》採用はネタではなくガチです。

マリガンは、先行なら3コスト以下を探しにいき、後攻なら2コストを探しにいく形が良いでしょう。

デッキをコピーして使ってみるのを止めはしませんが、基本的にククールは全不利クラスである事を忘れないでください。

 

・・・とは言え折角なので、このデッキで最も活躍したカードを取り上げてみようと思います。

(間違いなく《ベリアル》が一番強力で活躍したのですが、それではあまりに普通なので除外すると、)

《ももんじゃ》です。

 

 

このカードは氷塊ゼシカデッキでしか注目されませんが、実は一番相性が良いのはククールだと思っています。

相手の場にユニットが2体も並んでいれば2/4というスタッツになります。

ダメージトレードをする際に相討ちにならずにHP1でも残ってくれれば、活かしづらいククールのテンションスキルで場の優位を築いていくことができます。

そのため、序盤の攻防においてHP4のユニットというのはとても心強い味方となるのです。

 

また、中盤以降であれば《ももんじゃ》のHPが6や7で出せる時があります。

「それって相手の場にユニットが沢山いるから、スルーされてこちらのリーダーのHPを削られちゃうんじゃないの」と思うかもしれません。

ですが、一緒に《エビルチクリン》を出せば2/6クラスの「におうだち」ユニット2体で防ぐことも可能になるのです。

 

さらに終盤になれば、《ベリアル》で一掃する前に《ももんじゃ》を出しておくことで次のこちらのターンの布石となれます。

返しの相手のターンで《ベリアル》を除去されてしまったとしても、

《イーブルフライ》があれば5/5や6/6になった《ももんじゃ》で攻めに転じることができます。

 

そういえば、《ももんじゃ》に《サイレス》などで封印を撃たれたことは一度もありませんでした。

普通はもったいなくて撃てませんよね。

このデッキには《ガチャコッコ》《りゅうおう》などの封印がささるカードが多いので、撃ってくれたらそれはそれでラッキーです。

 

というわけで《ももんじゃ》には色々と助けられまして、

念願のククールでレジェンドに到達できました。

 

 

今月はレジェンド人数が少ないみたいなので、

レジェンド到達時にランク表示されるかなと期待していたのですが、少し及ばず。

 

 

この後2戦ほどこなして1万位以内に入っておきました。

 

 


新弾とか

 

もうすぐ初の拡張パックが実装されるのですが、

公開されたカードを見る限り、期待を持つことができません。

 

 

今よりも一層、クラス間の強さに差が出てしまいそうな雰囲気がありますし、

私が最近ハマっているククールはますます居場所がなくなりそうです。

 

また、ランクマッチもレジェンド到達までの必要勝数が増えるらしいので、片手間に遊ぶこともできなくなりそうです。

 

他にも色々と思うところはありますが、実際に来てみてから考えることにします。


コメントはこちらから