[Buildガイド] Dual Hyaon’s Elemental Cyclone Raider Life

2017年9月1日現在、PoE3.0 Harbingerリーグで遊んでいるビルドの紹介です。

一緒にぐ~るぐる~しましょう。

 


1.概要

良い所

  • 低予算でビルドを完成させられるので、PoE初心者やリーグスタートビルドに向いています。
  • 近接ビルドの中ではクリアスピードが早い方なのでファームにも向いています。
  • T16までのMapなら踏破は簡単です。

悪い所

  • 紙装甲なので敵(主にボス)のワンパンで死にやすいです。
  • 上記理由により、Lv100を目指すのには向いていません。
  • 所詮は低予算の高火力ビルドなのでShaperを倒すのには火力不十分かもしれません。

一部エンドコンテンツにはスペック不足ですが
サクサクトレハンしつつチャレンジ36を目指せるビルドです。


2.プレイスタイル

  1. 敵の元へと走り込みます。
  2. ぐるーぐるー
  3. Win


3.DPS

対ザコ仕様(FrenzyCharge+Aura+EO)

対マップボス仕様(FrenzyCharge+Aura+EO+Conc)


4.使用するアイテム

必須アイテム

これだけ。

Raiderのアセンダンシーによってフレンジーチャージを簡単にゲットできるので
これを両手に持つだけで簡単に火力アップが見込めます。
お値段:1c~

 

オススメアイテム

Carcass JackにはLife、Resistance、AoEスキルの強化と欲しいものが揃っています。
また、6L化した際のジェムソケットの色合わせが楽なのでオススメです。
お値段:12c~

 

5LまでならBronn’s Litheもマッチすると思います。
サイクロンのためのユニークアーマーと言えるくらいこのビルドとマッチしていますが、
Lifeが全く増えないので私はつなぎ装備として使いました。
お値段:1c~

 

Devoto’s Devotionはエレメンタルアタック系ビルドに向いています。
ただし、カオスレジストしか増加しないので、エレメンタルレジストが十分な場合に検討してみてください。
お値段:8c~

 

Vessel of VinktarはPoE3.0でナーフされてしまいましたが、まだまだ現役です。
“Add Lightning Damage To Attacks”はお値段が張るので、”Lightning Penetration”を買えば良いでしょう。
お値段:1ex~

 

その他アイテム

残りの部位にはレア防具を使えば良いです。
重要なのは

  • Life
  • Resistance

この2つです。

以下に、私が使用しているアイテムを載せておきます。

拾いものその1。

 

手袋

拾いものその2。

 

胴体

“Carcass Jack”6Lを使用しています。

 

フレンドから頂きました。
買ったら1exくらいしそうです(((((゚Д゚)))))

 

ベルト

1cほどで購入してマスタークラフトしました。

 

アミュレット

リーグ初期に2cほどで購入してマスタークラフトしました。

 

リング

どちらもリーグ初期に2cほどで購入してマスタークラフトしました。

 

フラスコ

主に、防御面を強化するフラスコを持っています。
残り1つは”Vessel of Vinktar”を使っています。
ポイントは

  • インスタントリカバリーのライフフラスコ
  • Rumi’s Concoctionによるブロック率上昇
  • Quartz Flaskを使うとアセンダンシーの効果でエレメンタル状態異常が無効化されます。
    加えて、出血解除効果をつけています。
  • Stibnite Flaskは使用チャージが少ないのと効果時間が長いので、常時CurseImmuneが発動できます。
    (CurseのきついMapでもストレスなく周回できます。)

 

ジュエル

次の中から3つほど当てはまるやつを使えばOKです。

  • Maximum Life
  • Increased Damage
  • Increased Melee Damage
  • Increased Area Damage
  • Increased Lightning Damage
  • Incraesed Attack Speed
  • Increased Attack Speed with One Handed Melee Weapons
  • Increased Attack Speed with Swords
  • Increased Attack Speed while Dual Wielding

また、不足しているレジストを補うのも良さそうです。

 

※補足

装備品を揃える際の注意点です。

  • 頭、手袋、アミュレット、リングの計5ヶ所のどこかでAccuracyを稼いでやる必要があります。
    私の装備品はAccuracy Ratingを1300ほど伸ばしていますが、
    実際のところ600ほど稼げていれば十分です。
    全く無い場合は、命中力不足を体感するでしょう。
  • アミュレット、リングは火力を伸ばせる部位でもあります。
    “Add Lightning Damage To Attack”
    “Increased Elemental Damage with Attack skills”
    最低でも、この2つのどちらかがついていると良いです。
  • ベルトも火力を伸ばせる部位です。
    “Increased Elemental Damage with Attack skills”
    が付いたものを選ぶようにしましょう。

5.パッシブツリー

Lv94時点です。
BanditはKillAllしてPassivePointを2つもらっておきましょう。

PoE Plannerで見る

Path of Building用のImportData

※このビルドは最終的にStrengthが8不足します。(Hyaon’s Furyの要求値が122のため。)
 装備あるいはジュエルで補う算段をつけておいてください。


6.ジェムリンク

メインスキル6L

  1.  Cyclone

  2.  Elemental Damage with Attacks

  3.  Elemental Focus

  4.  Increased Area of Effect /  Concentrated Effect

  5.  Added Lightning Damage

  6.  Lightning Penetration

カース&オーラ3L

  1.  Wrath

  2.  Blasphemy

  3.  Conductivity

移動スキル3L

  1.  Whirling Blades

  2.  Faster Attacks

  3.   Fortify

CwDTセット3L

  1.  Cast when Damage Taken

  2.  Immortal Call

  3.  Increased Duration

Vaalスキル2L

  1.  Vaal Grace

  2.  Increased Duration

お試し中のCwDTセット4L

(Elemental Overlordをより多く発動させるためにと試していますが、あまり効果はない模様)

  1.  Cast when Damage Taken

  2.  Blade Vortex

  3.  Increased Duration

  4.  Increased Critical Strikes

 

 Wrath Added Lightning DamageはLv21まで育てられると強いです。

 


7.防御面あれこれ

その1.導入

「Shaperを倒したい!」というわけでもなければ、火力に困ることはあまり無いでしょう。
よって、このガイドでは防御面について記述しておこうと思います。

このビルドは最終的にLife5,000前後にとどまります。
素の状態だとアーマーもほとんど無いどころか、Hyaon’s Furyの効果で被ダメが最大14%も増えてしまいます。
おまけにCycloneを使うので被弾する機会はキャスター系ビルドに比べてかなり多くなります。

そこで私が考えたのはフラスコで対策するというものでした。
軽く計算してみましょう。
フラスコを飲んだ時のDefence値は以下の通りです。

敵モンスターの命中率を計算してみます。

・Attack命中率
62%(Evasion) * 82%(Dodge) * 60%(Block) * 50%(Smoke Cloud) = 15.25%

・Spell命中率
78%(Dodge) * 89%(Block) = 69.42%

敵モンスターのAttackは85%の確率で回避する事ができます。
Spellは30%ほどしか防げませんが、レジストが上限に達していればSpellが死因となることはほぼ無いでしょう。

フラスコを飲んでいる間限定という制約はありますが
パッシブツリーでフラスコノードをいくつか取得しているため
フラスコチャージが貯まるスピードも早いですし、フラスコの効果時間も長くなっています。

これにより、基本的にフラスコを常時飲みながら戦うことができます。
VaalPactによるInstantLeechもあるので、安全にMapを周回することができます。

 

その2.マップボスの強烈な一撃への対策

その1で説明した通り、雑魚を狩る分にはとても安全です。

しかし、一方でこのビルドはマップボスに悩まされることが多くなります。
マップボスの攻撃は、一撃が強烈なものが多いです。
私がよく周回しているVaultやGorgeといったMapもその傾向が強くなっています。

この2Mapはどちらもマップボスの攻撃はAttack系なのですが、
MapMODにダメージアップ系が2、3ついてしまうと、ワンパンで即死という事態が起こります。

もちろん、マップボスの攻撃であっても大半は回避できます。
しかし、たった1発被弾しただけでデスペナルティをもらってしまっては
いつまでもレベルは上がらないでしょうし、精神的に辛くもなってしまいます。

解決策としてはFortifyを発動させ続けられるように意識しましょう。
マップボスとの戦闘中にWhirling Bladesを使ってみてください。
もちろん、取り巻きでも良いので何かにWhirling Bladesをヒットさせる必要があります。

操作に慣れていない初心者の方は、マップボスと戦う時だけ
Elemental Damage with Attacksを外して
Fortifyを装着する
というのをオススメしておきます。

その他にも
Conductivityを外して
Enfeebleを装着する
という方法もあります。

ボスの火力はMapMODによって大幅に上下するため
状況に合わせてスキルのセットアップを変える柔軟性が必要です。

 

その3.最後の手段

Cycloneは移動が終わるまでは新たな行動を入力できないので、どうしても隙ができてしまいます。
そのため、見て避けなければならない攻撃を持つボスの中には相性の悪い相手も居るでしょう。

そんな時は思い切ってCycloneを変えてしまうのも手です。
代替候補で有力なのはBlade Flurryあたりでしょうか。
ソケットの色を変えなくて済むので運用しやすいですね。


おわり


コメントはこちらから