[初心者ガイド] 第2回 どのリーグで始めるべきか

リーグ選択についてです。

 

ゲームにLoginするとキャラクター選択画面になり、「Create」ボタンが表示されます。

ここからキャラクター作成へと移っていきます。

 


オススメはチャレンジリーグ

 

「Create」ボタンを押すと、最初にキャラクターを所属させるリーグを選ぶことになります。

2019年1月15日現在は以下のような画面ですね。

 

 

配置としては、

右に並んでいる2つがチャレンジリーグ

左に少し離れて並んでいるのがパーマネントリーグです。

 

アップデートにより新しいチャレンジリーグに置き換わっても、この位置関係は変わりません。

 

もし、PoEを初めて遊ぶのであればチャレンジリーグの選択を強くオススメします。

チャレンジリーグでは最新のゲームコンテンツにアクセス可能です。

例えば、今リーグのチャレンジリーグではリーグ名にもなっているBetrayalというコンテンツで遊ぶことができますが、

パーマネントリーグにはBetrayal自体が存在しません。

 


チャレンジリーグをオススメする理由

 

PoEは他プレイヤーとのアイテム取引を前提としてデザインされているゲームです。

これはゲーム内の経済も大切であることを意味します。

基本的にPoEのアイテムは消費される量よりも生産される(敵モンスターから獲得する)量の方が多くなります。

すると、パーマネントリーグはリセットがかからないために経済のインフレが進み、

レアアイテムなのにレアリティが少しでも低いアイテムは無価値になり、

超レアアイテムは(初心者では到底手の届かないくらい)桁違いに高騰します。

 

このような理由から、パーマネントリーグが初心者にとって適切な環境であるとは言えません。

実際のプレイ人口もチャレンジリーグの方がはるかに多いです。

 


ハードコアとSSFについて

 

また、各リーグにはハードコアへの派生リーグが存在しています。

ハードコアリーグでは一度でもキャラクター死亡すると、パーマネントリーグのソフトコアへと強制的に移住させられます。

実質的にキャラクター削除みたいなものです。

初心者は間違いなくわからん殺しをされるゲームなので、ソフトコアで始めましょう

 

実際のゲーム画面だと、赤枠のところを選んでください。

“Solo Self-Found”にチェックを入れるのは止めておきましょう

 

 

“Solo Self-Found”とは、PTを組めず、トレードもできない。

つまり、PoEを完全なソロゲー化するためのリーグ設定です。

 


チャレンジリーグの終了

 

チャレンジリーグはおよそ3ヶ月間で終了します。

終了後はパーマネントリーグへキャラクターとアイテムが移されます。

 

その後は新たなチャレンジリーグが開催されますが、そこでは全員が1から始めることになります。

今まで育てていたキャラクターを完成させたくてパーマネントリーグで続けるのも良いでしょう。

あるいは、新リーグへ新しい体験や刺激を求めに行くのも良いでしょう。

 

中にはプレイ時間があまり取れないため、コツコツとスタンダードリーグで育成するプレイヤーも居ます。

ここから先は、あなたのプレイスタイルに合わせて遊び方を選んでいってください。


コメントはこちらから