[初心者ガイド] 第3回 どのクラスで始めると良いか

いよいよキャラクターを作成する段階まで来ました。

 

 

※PoEを始めたばかりであれば、中央の青い服のキャラクターは使用できないはずです。

 

何も参考にしない場合、PoEの1stキャラの多くは失敗作に終わります

そして、途中で捨て去られて新キャラへ。というのはよくある話です。

(これはこれでPoEの理解を深める良い経験になるとは思いますが・・・。)

そのため、「PoEは自由なゲームです、どうぞ好きなキャラクターで始めてください。」

と言い放ってしまう先輩プレイヤーは多いのではないでしょうか。

 

そうは言っても、プレイ時間には限りがありますし、

なるべくなら1stキャラでも多くのコンテンツに触れてみたいですよね。

そういった方々に向けて書いておきます。

 

あるいは、1stキャラが失敗に終わってしまった方の次なるキャラ選びの参考にしてみてください。

 


オススメクラス

 

TemplarWitchを選びましょう。

(Scionがアンロックされているのであれば、Scionもオススメです。)

 


オススメの理由

 

なぜ上記のクラスをオススメするのかを理解してもらうために、少しだけPoEの仕様についてお話をします。

各キャラクターが使うことのできる攻撃手段は

  • Attack
  • Spell

の2つに大きく分かれます。

ここからさらに、物理(Physical)ダメージを与えるものや

火属性(Fire)ダメージを与えるものなどに分かれていきますが今回は触れません。

 

PoEではスキルを扱うためにジェムというアイテムが必要です。

スキルとして使用できるジェム(Active Skill Gem)には一部の例外を除いて「Attack」か「Spell」のタグがついておりタグを見て判別することができます。

下の画像は、ジェムにカーソルを合わせた際に表示される説明文です。

赤枠がタグの部分です。

 

 

この場合はSpellであるのが分かりますね。

 

さて、自分のキャラがAttack系でいくのか、Spell系でいくのかを考えなければなりません。

この2つはキャラクタービルドの方向性としては真逆になるので、途中で方向転換というのは無理が出てきてしまいます。

では、Attack系とSpell系それぞれの特徴を見ていきましょう。

 

Attackの特徴

ダメージ計算の最も基礎となる部分(ベースダメージと言います)が武器の攻撃力を参照します。
つまり、強い武器を持てばそれだけ強くなっていきます。
しかし言い方を変えるなら、強い武器を入手しない限りずっと弱いままです。
さらに命中率の影響を受けます
序盤から中盤にかけては気にする必要はありませんが、終盤は命中力を補う手段を考えていかなければなりません。

 

Spellの特徴

ベースダメージはジェムの威力を参照します。
ジェムのベースダメージはジェムレベルが上がることによって強くなっていきます。
武器が全くの無意味になるわけではありません。
ですが、キャラクターレベルと一緒にジェムレベルも上昇していくので
強い武器を入手していなくてもある程度のベースダメージの強さが保証されます
また、Spellは必中です。最後まで命中率を気にする必要はありません。

 

よって、クラフトやトレードによる武器の入手に慣れていない初心者であれば、Attack系よりもSpell系の方が向いていると言えます。

そしてSpell系ジェムを扱うのに長けているのは最初にオススメした2種のクラスとなります。

 

 

特に、初心者にとって最初の壁となるのはAct1~Act10までのストーリー部分です。

この間はレベルが上昇するペースが早く、強い武器を入手してもすぐに通用しなくなるレベル帯へと移っていきます。

その度に強い武器を入手できれば良いのですが、うまいこと行かずに弱い武器で攻略する場所も出てくるため、詰まる要因になるでしょう。

 

また、Spell系と言っても、

メイン攻撃をTotemにさせたり、ZombieやSpectreを召喚して戦わせるのは、あまりオススメできません。

操作の癖が強いので万人向けではないからです。

オススメは、キャラクター自身がSpellを撃つ戦い方(セルフキャスト型)です。

 


ビルドガイドを探してみよう

 

最後に、ビルドガイドの存在を紹介しておきます。

既にPoEを始めているのであれば、スキルジェムが沢山あることや、パッシブスキルツリーが広大であることに気付いているでしょう。

どれを選べば良いのか分からなくなってしまいますよね。

 

  • 使用する装備品
  • パッシブスキルツリーの振り方
  • 使用するジェムとリンクさせるサポートジェム

これらをひとまとめにしてビルドと呼んでいます。

 

ビルドガイドは、これらの組み合わせ例を紹介しています。

ビルドガイドの良いところは、ビルドの得意不得意、最終的な強さ、装備にかかる費用を事前に知ることができる点です。

 

多くのビルドガイドが書かれているので、自分に合うものを探してみてください。

探す場合、活発なところだと公式サイトのフォーラムです。

ここの「Classes/Builds」という項から自分の選びたいクラスを見ていってください。

 

 

外部サイトですが、私は以前にPath of Exile Build Browserというのを使用していました。

これは公式フォーラムのビルドガイドを探しやすくしてくれるサイトです。

 

経験を積んである程度の判断ができるプレイヤーになったら、poe.ninjaのビルドページから上位ビルドを参考にすると良いでしょう。

ここのビルドは最前線のプレイヤー達のビルドを参考にすることができます。


[初心者ガイド] 第3回 どのクラスで始めると良いか” への1件のコメント

  1. 最近始めました。日本語で初心者向けに丁寧にこまめに更新してるPoEの情報ブログは数少ないので参考にさせてもらってます。

コメントはこちらから