[初心者ガイド] 第21回 Bestiaryの解説と遊び方

Act2に入るとミニマップにこんなマークで表示されるモンスターが出現し始めます。

 

 

このマークのモンスターはビーストと呼ばれます。

アイコンが黄色で表示されているので黄ビーストと言われたりします。

 

今回は、このビーストを扱うBestiaryコンテンツを取り上げます。

複雑なコンテンツではないためすぐに理解できると思います。

 


ビーストと捕獲

 

ビーストはエリア入場時に一定確率で出現します。毎エリア出現するわけではありません。

 

ビーストはただのRareモンスターのように見えますが、Bestiary modと呼ばれる特別なモンスターmodを持っています。

Lifeバーの下に赤字で表示されるのがBestiary modです。

 

 

Bestiary modは何種類もあり、ここで1つ1つを取り上げるつもりはありません。

詳細が気になった時は英語Wikiのこことかここを参考にしてみてください。

 

Bestiary modによってビーストは通常のモンスターよりもかなり強化されていますが、

ビーストのLifeを半分程度まで減らすと狩りを手伝ってくれる助っ人が現れてくれます!

それが、このBestiaryを管轄するEinhar(アイナー)というNPCです。

 

 

Einharはなかなか良い火力を持ち、そして不死です。

ビーストのLifeをゼロまで削ると、Einharが捕獲用のネットを投げてビーストを捕獲してくれます。

 

 

今までに捕まえたことのないビーストを捕まえると、右下に通知が出てきて動物図鑑(Bestiary)に登録されます。

※動物図鑑については後述。

 

 

また、新たなビーストを捕獲した時にビーストクラフトのレシピがアンロックされることがあります。

※ビーストクラフトについても後述。

 

 

 

捕まえたことのある・なしは、ビーストに遭遇した時にLifeバーを見ても簡単に判別できます。

捕まえたことのないビーストは「New」の文字があり、

 

 

捕まえたことのあるビーストは捕獲ネットのアイコンが表示されます。

 

 

 

ビーストには黄ビースト以外にも赤ビーストがいます。

 

 

赤ビーストは出現数が少なくて黄ビーストよりもレアです。

Bestiary modを2つ持っていてかなり手強いため注意しましょう。

 

 

 

エリア内のビーストを1体でも捕獲すると画面の右側にクエストが表示され、

これによってそのエリア内に何体のビーストが残っているかが分かります。

 

 

 

ひとまず、Act2でビーストに遭遇したらクエストを達成できるようにエリア内のビーストを一通り捕まえてみましょう。

すると、Act2の街にEinharさんが出現するようになり、

 

 

 

ワールドマップから、動物園(Menagerie)へと訪れることができるようになります。

 

 


動物園とビーストクラフト

 

動物園はこのようなレイアウトになっています。

 

 

 

動物園エリアでは、今までに捕まえたビースト達を鑑賞できます。

 

 

また、立て看板からそのビースト種族の動物図鑑を直接見ることもできます。

気分転換をしたい時にでも探索してみてください。

 

ここでは特に何かを得られたりするわけではありません。

次に紹介するビーストクラフトで使用する素材モンスター達が檻の中に収められている構図です。

ちなみに、捕獲しておけるビーストの上限数(= 動物園の収容上限)は合計1,000体までです。

 

 

ビーストクラフトをするにはBlood Altarを覗いてみましょう。

レシピの一覧が表示されます。最初はレシピをアンロックしている数も少ないため、ほとんど表示されないと思います。

 

 

現パッチでは、ほとんどのレシピが赤ビースト1体と黄ビースト3体を素材として消費します。

そのため、赤ビーストも黄ビーストも分け隔てなく捕まえるようにしましょう。

 

クラフトしたいレシピを選ぶと下にある4つのスロットに自動的に素材とするビーストが選択されます。

下の画像の緑枠のところをクリックすると、素材とするビーストを入れ替えられます。

 

 

「Craft」ボタンを押すと戦闘が始まります。

選択したビースト達4体を同時に相手しなければなりません。

そのため、強いビーストのみで素材を構成してしまうと苦戦してしまうので気をつけて下さい。

この戦闘に負けてしまうと、素材のみが消費されてクラフトが失敗してしまいます。

 

 

基本的にクラフト結果はBlood Altarの中に置かれています。

 

 


ビーストクラフトレシピの解説

 

さて、ビーストクラフトにはいくつか分かりづらいクラフト内容があるため少し触れておこうと思います。

 

Create a Unique…

「Create a Unique…」と書かれたクラフトでは、各種ユニークアイテムがランダムに生成されます。

 

 

この手のアイテムを生成するようなクラフトにおいては生成されるアイテムのItem Levelが表示されます。

Item Levelは左上のスロットで選択される赤ビーストのモンスターレベルと連動しています。

 

 

特定のユニークが欲しい場合には、このItem Levelに気をつけなければなりません。

 

例えば、通常ではSkyforthというユニーク靴はItem Level 84以上でなければドロップしません。

ビーストクラフトもこのルールに従い、Item Level 84以上の時にしかクラフトされることはありません。

別の言い方をすると、モンスターレベル84以上の赤ビーストと遭遇する手段は存在しないため、ビーストクラフト経由でSkyforthを入手することはできません。

 

また、ビーストクラフトで生成されるアイテムはリーグユニークアイテムを含みます。

つまり、Headhunterなどの高額アイテムを入手できる可能性があるため、時間のある時にでもクラフトしてみると良いでしょう。

もちろん、HeadhunterはItem Level 40以上でないとドロップしないため、モンスターレベル40以上の赤ビーストが素材に必要になります。

 

 

その他のクラフトレシピ

Create an Imprint…
 – Of a Magic Item

MagicアイテムをBoold Altarに入れてクラフトすると、そのMagicアイテムのアイテムmodの状態を保持したEternal Orbを入手できます。

最初に入れたMagicアイテムは何も変わりません。

このEternal Orbをアイテムへ使うと、Eternal Orbが保持しているアイテムmodをそのアイテムへと復元することができます。

使い方としては、良modを2つ持ったMagicアイテムを入手したらこのクラフトでEternal Orbを手に入れておき、

RegalやAnnulでのクラフトに失敗したら復元して再チャレンジするというのが一般的です。

 

Modify Mods on an Item…
 – Add a Prefix, Remove a Random Suffix

PrefixにExaltを1個、SuffixにAnnulを1個使用するのと同じ結果を得られます。

 

 – Add a Suffix, Remove a Random Prefix

SuffixにExaltを1個、PrefixにAnnulを1個使用するのと同じ結果を得られます。

 

Reroll Mod Values…
 – Both Implicit and Explicit Mods of a Rare Item

RareアイテムのImplicitとExplicitの数値を再ロールします。

BlessedとDivineを1個ずつ使うのと同じ結果を得られます。

 

Split an Item Into Two…
 – With Half the Mods on Each Item

Blood Altarに入れたアイテムと同じベースアイテムが生成され、2つのベースアイテムでmodを分け合います。

  • Labyrinthのエンチャントを持つアイテム、Shaper/Elderアイテム、Corruptedアイテムは複製できません。
  • ソケットとリンクの状態はコピーされます。
  • Item Levelはコピーされます。

よって、Item Levelの高い良ベースの6リンクを複製するのが主な使われ方のようです。

 


スピリットビースト

 

Bestiaryには4体だけ特別な赤ビーストがいます。

その赤ビーストを用いたビーストクラフトをすると、スピリットビーストと呼ばれる4種類のBestiaryボスモンスターに会いに行くためのポータルを生成できます。

 

 

素材ビーストが出現するのはマップ以降になるため、Act中に遭遇することはありません。

(※マップについては中級者ガイドをご覧ください。)

Saqawal, First of the Sky

マップTier5以上に出現するSaqawine Rhexが必要素材です。

 

Craiceann, First of the Deep

マップTier7以上に出現するCraicic Spider Crabが必要素材です。

 

Fenumus, First of the Night

マップTier10以上に出現するFenumal Hybrid Arachnidが必要素材です。

 

Farrul, First of the Plains

マップTier13以上に出現するFarric Tiger Alphaが必要素材です。

 

スピリットビーストを倒すと、Bestiaryのユニークアイテムが確定で1個ドロップします。

何がドロップするかはスピリットビーストの種類によって変わります。英語Wikiを参考にしてみてください。

 

 

また、スピリットビーストは倒す時にEinharが捕獲してくれます。

捕まえたスピリットビーストを用いて、AspectスキルをアイテムのSuffixに付けることができます。

 

 

スピリットビーストの4体それぞれに対応して、Aspectスキルは4種類あります。

AspectスキルはいずれもManaリザーブが25%のバフスキルです。

AspectスキルはBestiaryユニークアイテムを装備することによって強化できるため、ビルドに組み込む時には色々と検討してみましょう。

 

以下に各Aspectスキルの効果概要を書いておきます。

Aspect of the Avian

スキルをアクティブにしている間、Avian’s MightとAvian’s Flightのバフが一定時間で交互に入れ替わるようにかかります。
Avian’s Mightでは、使用者と使用者のミニオンが一定確率で2倍ダメージを与えるようになります。
Avian’s Flightでは、使用者と使用者のミニオンのMovement Speedが増加します。

 

Aspect of the Crab

スキルをアクティブにしている間、定期的にCrab Barrierが使用者へ追加されていき、持っているCrab Barrierの数に応じてPhysical Damage reductionの効果を得ます。
使用者がHitによるPhysicalダメージを受けると、全てのCrab Barrierが失われます。

 

Aspect of the Spider

スキルをアクティブにしている間、定期的にSpider’s Webというデバフを近くの敵に付与してHinder状態にします。
敵に乗っている各Spider’s Webの数に応じて敵の受けるダメージが増加します。
HinderはMovement Speedを下げる効果です。

 

Aspect of the Cat

アクティブにしている間、Cat’s StealthとCat’s Agilityのバフが一定時間で交互に入れ替わるようにかかります。
Cat’s Stealthでは、使用者はクリティカル率が増加し、敵に見つかりづらくなり、avoid damageする確率を得ます。
Cat’s Agilityでは、使用者のAttack SpeedとCast Speedが増加します。

 


動物図鑑(Bestiary)

 

動物図鑑は、デフォルトだと「H」キーで表示される画面の「Bestiary」タブから見ることができます。

 

 

動物図鑑も6つのタブで分かれています。

 

 

最初の4タブでは図鑑を見ることができて、各種族の発見数/全数を確認できます。

 

 

種族をクリックしていくと、どのビーストを捕まえたことがないかが詳細に分かります。

 

 

レシピのタブはBlood Altarで見られるものと同じなので割愛します。

最後のタブでは捕獲したビーストの1体1体の詳細を確認することができます。

 

 

動物図鑑では捕獲数を微妙に確認できますが、どうやら合計何体を捕獲してあるのかは一目では分からないようです。

また、捕獲したビーストを逃がす方法もないようです。

 

動物図鑑はアカウント単位で共有されます。

つまり、リーグが変わっても1から図鑑を埋め直す必要はありません。

 

 

ちなみに、Act2の街にいるEinharさんに話しかけることでHideoutに招待することもできます。

HideoutのEinharさんからは好意ポイント(Favour)を消費してデコレーションを購入することができます。

この好意ポイントはビーストを捕獲していくことで獲得できます。

 

 

また、動物図鑑のコンプリート具合に応じてEnharさんのデコレーションレベルが上昇します。

このレベルが上昇すると購入できるデコレーションの種類が増えます。

 

 

Hideoutを着飾りたい場合には、ちゃんとビーストを捕獲していくように心がけましょう。

 


Bestiary Orb

 

動物園にいるEinharさんからBestiary Orbを購入することができます。

Bestiary Orbはビーストをアイテム化してトレードできるようにするためのカレンシーアイテムです。

 

 

今回は30%Qualityのビーストクラフトの素材となる赤ビーストをアイテム化してみようと思います。

その場合は、下の画像の緑枠のところの名称をメモっておくと楽です。(Lifeバーに表示されているモンスター名でも構いません。)

 

 

Bestiary Orbは動物図鑑に対して使えます。

動物図鑑の一番下のタブを選んで捕獲してあるビースト達を表示させてみましょう。

下部のフィルターに先ほどメモった名称を入力すると絞り込めて楽です。

 

 

あとはBestiary Orbを右クリックしてから、アイテム化したいビーストの上で左クリックします。

 

 

こんな感じのアイテム化されたビーストになりました。

 

 

これで通常のアイテムのように他プレイヤーとトレードできます。


[初心者ガイド] 第21回 Bestiaryの解説と遊び方” への5件のコメント

  1. お二人ともお答えありがとうございます。

    揃えなおすのはやめて交換しますw
    lets divine!!

  2. Create an Imprint… – Of a Magic Item
    こんなのあったの知らんかった・・・

    すいません、ここで聞くのは間違ってるかもですが
    lorewave maxresi 80
    これをcorruptして+1maximum resiがついた場合、max resiは81になるのでしょうか?
    ring集まったので交換したいのですが、max resi81が可能なら、corrupt modのつくlvl80以上のリングを揃えなおそうと思ってるんですが。

    1. 横からですが、Loreweaveはmax resiが76~80に完全固定されるので上昇減少ともに効果を受け付けませんよ。

    2. Imprintのレシピは希少性が高いみたいですね。

      Loreweaveの「Your Maximum Resistances are (76-80)%」は、装備したキャラクターの最大レジストをその数値へと固定する効果です。
      この効果はどんな時にも優先されます。
      つまり、+max resiも-max resiにも影響されなくなります。
      よって、わざわざItemLevel80以上にするメリットはありません。

コメントはこちらから