[PoE] 3.5.1b Patch Notes

PoE公式にて3.5.1bパッチノートが公開されました。

 

 

このパッチの適用日は2019/1/11(金)を予定しているそうです。

 


意訳

 

開発チームが休暇期間から戻ってきて、また1年間Path of Exileで素晴らしい開発をするための準備が整いました!

我々は現在、今年の最初のアップデートである3.5.1bパッチのテストを完了しています。

3.5.1bパッチにはBetrayalリーグの数多くの改善と様々なバグ修正が含まれます。

今週の終わりにこのアップデートを適用することを目標にしています。

それまでの間、このパッチノートのプレビューをチェックしてみてください!

 

以下のリストは、このアップデートのリリース前に変更される可能性がある点にご注意下さい。

 

Betrayalの修正と改善

  • シンジケートメンバーは他のメンバーと同じ位置に出現しなくなります。
    これによりシンジケートのネームプレートが重なってしまうケースを防げます。
  • RinのRain of Arrowsスキルとデフォルト攻撃はダメージの一部をColdへと変換するようになります。
    RinのRain of Arrowsスキルは「25% less Attack Speed」を持つようになり、遠くの対象や「オフスクリーン」の対象には使うことができなくなります。
  • Betrayalの各セーフハウスでは、アイテムドロップのルート権にはパーティーリーダーの設定が適用されるようになります。
  • 「Use Scarabs」チャレンジが、Scrificeフラグメントと一緒にスカラベをマップデバイスに使った時に進行しなかったバグを修正しました。
  • 「Defeat Targets II」チャレンジが、対象が最初に倒されなかった時に進行しなかったバグを修正しました。
  • It That FledのProjectileコンボスキルが時々ランダムな方向を狙っていたバグを修正しました。
  • 黒幕のCarpet Bombスキルが視覚的に再描画されなかったバグを修正しました。
    その戦闘エリアから出て、Carpet Bombが出現しているところへ再び戻った際にこのバグが発生していました。
  • 黒幕の死体を破壊したり消費できていたバグを修正しました。
  • Consecrated Pathによって要塞の扉を破壊する前に要塞の中へとテレポートできていたバグを修正しました。
  • Gardensマップでの要塞エンカウンターで木が大量発生していたバグを修正しました。
  • 倒したシンジケートメンバーの選択肢を決定した時にProphecyがトリガーされ、他の倒したシンジケートメンバーが逃げることがあったバグを修正しました。
  • 処刑したシンジケートメンバーがStrongboxの「Revives nearby dead Monsters with Onslaught」によって復活することができていたバグを修正しました。
    これにより時々Strongboxが開かなかったケースを修正します。

 

一般的な修正と改善

  • Einharが再びBestiary Orbを販売するようになります。
  • Hideoutの選択UIに、どのActで特定のHideoutを見つけられるかを表示するように更新しました。
  • Chance to Impaleがキャラクターパネルに表示されるようになります。
  • TowerマップのみがCorruptでVaal Templeマップに変化するTier15マップであったバグを修正しました。
    全てのTier15マップがCorruptでVaal Templeマップに変化できるようになります。
  • Tier15のShapedマップをCorruptすると低Tierマップになることがあったバグを修正しました。
    ShapedマップはCorruptすると非Shapedマップへと変化できるようになります。
  • Scourge Arrowがチャネリング中にManaを消費していなかったバグを修正しました。
  • Scourge ArrowのManaコストを、他のチャネリングAttackスキルと一致するように減らしました。
  • Raised SpectresをMultiple Totems Supportでサポートすると、召喚できるTotemの最大数が増加しなかったバグを修正しました。
  • 「Slay the Beyond Boss」のZanaミッションにおいて、Beyond Bossを出現させるのに時々失敗していたバグを修正しました。
  • 「Slay the Target」のZanaミッションのいくつかにおいて、例えば対象がEinharが集めているBestiaryモンスターだったりした時に、対象が倒されるのではなく消去されてしまいミッションを完了させられなくなっていたバグを修正しました。
  • 3.1.0~3.5.0アップデートの間にドロップしたShapedマップとElderマップが、正しくないモンスターレベルでマップを開いていたバグを修正しました。
  • ユニーク胴体のDeath’s OathによるDeath AuraとユニークワンドのCorona SolarisによるBlinding Auraが、アイテムを装備し直したりジェムを入れ直したりしない限りPvP対戦時にアクティブにならないことがあったバグを修正しました。

 

クラッシュ修正

  • Paquate, Architect of CorruptionのBlood Beamスキルによって発生することがあったクライアントクラッシュを修正しました。
  • Janus Perandusとの戦闘時に発生することがあったインスタンスクラッシュを修正しました。
  • High Lithomancerとの戦闘時に発生することがあったインスタンスクラッシュを修正しました。

 

現在、Xbox One版の3.5.1bアップデートも今週の終わりに予定されています。


[PoE] 3.5.1b Patch Notes” への3件のコメント

  1. 要塞の出現位置の調整にはかなり苦労してそうですね
    gardensは修正されるみたいですが、burial chambersの行けない要塞や鉄壁の森林要塞はまだダメそうですね・・・
    shrineも片方入り口塞がれてたり、攻撃と侵入が不可能な位置にシンジケートのメンツが配置されてどうにもできなかったりしますし・・・
    tower map以外にvaal打ちまくった人rip

  2. >>Raised SpectresをMultiple Totems Supportでサポートすると、召喚できるTotemの最大数が増加しなかったバグを修正しました
    waaaaaat
    これ強すぎるからわざとツコハマ君がトーテム二つ以上使えないようにしてると思ってたのに解禁しちゃうのか
    マジでやばそう

コメントはこちらから