[PoE] 3.5.3 Patch Notes

PoE公式にて3.5.3パッチノートが公開されました。

 

 

パッチの適用は今週中の予定とのことです。

 


意訳

 

我々は、来る3.6.0拡張とそのためのアナウンスに向けて懸命に取り組んでいる一方で、現在進行中のBetrayalリーグに対する次の大きなアップデートの準備も完了しました。

Betrayalの修正と改善と共に、3.5.3にはパフォーマンスの改善と様々なクラッシュとバグの修正が含まれます。

我々は、このアップデートを今週中に適用する予定です。

パッチノートのプレビューをチェックしてみてください!

 

以下のリストは3.5.3アップデートがリリースされる前に変更される可能性がある点にご注意ください。

 

機能と一般的な修正

  • 8体の新しいグランドマスターをHall of Grandmastersに追加しました。
  • Craterマップの橋の外観を更新しました。
  • Prophecyの「Monstrous Treasure」はAtlasオブジェクティブに影響されるエリアでは発動しなくなります。
    これが原因で何人かのマスターは出現しませんでした。
    このProphecyはそのエリアにAlvaが出現した時には発動できなくなります。
  • Brutal Hideoutのマップデバイスのデフォルト位置が調整されました。
  • Primordial Blocksマップのボス戦に出てくるThe Stoneskin Eliteモンスターの死体を消費することも破壊することもできなくなります。
  • SSFとプライベートリーグの「Migrate All」が動作していなかったバグを修正しました。
  • IncursionのTempleが、最後にTempleを開いたエリアのエリアレベルを用いて生成されていたバグを修正しました。
    例えば、IncursionのTempleを(Hideoutを含む)レベル67以下のエリアから開くと、次のTempleはSurveyor’s StudyとRoyal Meeting Roomを生成することができませんでした。
  • Alvaのミニマップアイコンが時々表示されなかったバグを修正しました。
  • モンスタースキルが正しいヴィジュアルでレンダリングされない様々なヴィジュアル問題を修正しました。
  • Multiple Totems Supportジェムを使うことで、閉まっているドア越しにトーテムを召喚できていたバグを修正しました。
  • ユニークジュエルのUnnatural Instinctが、キーストーンのAcrobaticsの上の場所に使用された際に「chance to Dodge Attack Hits」を付与していなかったバグを修正しました。
  • プレイヤーがSoul of Abberathの「Unaffected by Burning Ground」を使用している際に、自分自身への「increased the effect of Auras」を大量に持っていた場合、Burning Groundによるダメージを受けることがあったバグを修正しました。
  • Sewer GoliathのBloodlinesの群れを倒しても、Herald of the Obeliskのトーテムが常に消えなかったバグを修正しました。
  • 「Complete the Labyrinth Trial」のZanaミッションで、時々ポータルが1つしか出現しないことがあったバグを修正しました。
  • PvPエリアでは、マイクロトランザクションの「Invisible Buff Effect」をBannerスキル、オーラとHeraldスキル、Phase Run、Blood Rage、Arctic Armour、Tempest Shield、Molten Shell、Vaal Molten Shellに適用できなくなります。
  • 発見可能なHideoutにモンスターが湧いておらず、Hideoutを入手できなかったレアケースを修正しました。
  • マイクロトランザクションのFaith Guard Shield、Blood Guard Shield、Oriath Shieldが盾の後ろに効果の一部を隠していたヴィジュアルバグを修正しました。
  • Sin Body Armourを着用した時のScionの左腕のヴィジュアルバグを修正しました。
  • Swordfish Ice Spearエフェクトが新しいIce Spearのヴィジュアルエフェクトによりフィットするようにアップデートされました。

 

Betrayalの修正

  • GuffのEssenceのみのクラフトベンチに、ジュエル、アビスジュエル、マップ、Fishing Rodを置けなくなります。
    これらのベースタイプのアイテムにはEssenceを使用できないからです。
  • Betrayalの調査ボードを開いている時にパッシブスキルツリーを開けるようになります。
  • 研究エンカウンター内ではセーフハウスを開けなくなります。
    一度去ってしまうと研究エンカウンターに再入場することができず、セーフハウスから出て再入場することができなくなってしまうからです。
  • 「Don’t die or leave Zana’s Map」のZanaミッション中にセーフハウスへ入場しても、Zanaのマップに再入場できるようになります。
  • セーフハウス報酬のTrapped Stashのタイマーがまだ動作している間に他のTrapped Stashを開こうとする時のエラー文を追加しました。
  • Voriciの死亡アニメーションとオーディオを改善しました。
  • 要塞エンカウンターが到達できない場所に出現できていた様々なケースを修正しました。
  • いくつかの要塞エンカウンターで木が密集していた様々なケースを修正しました。
  • モンスターが到達できない場所に出現できていた様々なケースを修正しました。
  • IncursionのTempleでの「Tzamoto, Architect of Torments」「Zantipi, Architect of Concealment」が「Defeat Incursion Architects」チャレンジでカウントされていなかったバグを修正しました。
  • 尋問の選択肢に、Intelligenceを付与する部門が時々誤って表記されていたバグを修正しました。
  • シンジケートメンバーが時々誤ったセリフを使うバグを修正しました。
  • Betrayal調査ボードの選択肢が常に手前にはなく、Betrayal Helpボタンによって隠されていたバグを修正しました。
  • Voriciと黒幕がテレポート中に倒された場合、Voriciと黒幕の体がネームプレートとは異なる場所にあることがあったバグを修正しました。
  • 黒幕の地面効果スキルが意図したよりも低い高さでレンダリングされていたバグを修正しました。
    これにより、プレイヤーが見えない地面効果からダメージを受けることがあるケースを修正します。

 

パフォーマンス修正

  • ダメージと死亡時爆発におけるサーバーサイドの計算を最適化しました。
    この結果、特に爆発効果(Inplusa’s Broken HeartやProfane Bloomなど)を使った時に、モンスターの大きな群れを倒した時のフレームラグが体感で分かるくらい減少します。
  • WitheredとHinderedのデバフ効果のパフォーマンスを改善しました。
  • Shrouded Bloodlinesのエフェクトのパフォーマンスを改善しました。
  • Hellionモンスターによる死亡時爆発のパフォーマンスを改善しました。
  • Shavronne’s TowerとTowerマップでのボス部屋のパフォーマンスを改善しました。
  • Villaマップのボス部屋のパフォーマンスを改善しました。
  • Merveilエンカウンターでの様々なスキルのパフォーマンスを改善しました。
  • Malachaiエンカウンターでの様々なスキルのパフォーマンスを改善しました。

 

クラッシュ修正

  • Arachnid Tombマップへ入場した時に発生することがあるクライアントクラッシュを修正しました。
  • Essence Drain使用時に発生することがあるレアなクライアントクラッシュを修正しました。

 

Xbox One向けの3.5.3アップデートも同様に今週中の適用を予定しています。


コメントはこちらから