[PoE] Aila氏のRFビルドガイド訳

先日、AilaというプレイヤーがSSF Bestiary HCにおいてラダー1位でレベル100に到達しました。(おめでとうございます。)

 

 

Aila氏が使用していたビルドは、Righteous Fire(以下、RF)ビルドでした。

 

RFビルドは通常、RF自体によってもたらされるディジェネという欠点に対して

レジストやリジェネを大量に確保することでLifeを保つようなビルド設計がなされます。

 

ところが、彼が使用していたのは平時ではLifeを保てない、とても癖の強いビルドでした。

彼は、彼独自のビルドガイドを中国語で書いてはいたのですが、私には中国語を訳せる力はありません。

(元のビルドガイドはこちら。)

 

Redditに彼のビルドガイドを英文に翻訳した方がいたので、それをさらに日本語に意訳してみようと思います。

(元のReddit投稿はこちら。)

 


はじめに

 

このビルドはSSFHCで通用するビルドです。

マップを高速周回するようにデザインされました。

決して、エンドゲームのボス向けにデザインされたわけではありません。

 

また、このビルドは初心者には不向きです。

Twitch

 


プレイ動画

 

序盤でのRF

レベリング

終盤でのマップ

 


アセンダンシー概要:Occultist

 

 

序盤

Occultistは追加のカースを1つ使うことができます。

Profane Bloom(A1) → Malediction(A2) と習得してください。(Labyrinthを2回攻略するだけです。)

 

終盤

Maledictionに振ったポイントを戻して、Wicked Ward(B1)とVile Bastion(B2)を習得してください。(Labyrinthを3回攻略するだけで習得できます。)

 

もし、あなたがUber Labyrinthを攻略したいのであれば、Maledictionを残しておいてください。

パッシブツリーでの”1 Additional Curse”ノードまでに振ったポイントを戻すことで、何ポイントかのパッシブポイントを他に使うことができます。

 

Profane Bloom

ダメージとクリアスピードを得られます。

終盤では、モンスターの爆発が連鎖することにより更にクリアスピードを高められます。

 

Malediction

追加で1つカースを付与できるようになります。

Maledictionは序盤での安全性を高めてくれます。

 

Wicked Ward

ESを得て、Vaal Disciplineの効果をタダで得られます。

 

Vile Bastion

RFによるディジェネをこれで打ち消します。

永続的なリジェネとスタンの無効化も得られます。

 


1.パッシブツリー

 

SSF HC向けのビルドなので、ツリーではAct区間を生き残るために必要なノードを習得します。

ダメージとLifeのみを習得してください。

また、RFのダメージはあなたのLife量に依存しています。

つまり、あなたが必要なのは大量のLifeです。

 

序盤のパッシブツリー

 

このツリーはT1~T6のマップ向けです。

決してT9~T10のマップで戦わないでください。

 

 

まず最初に、最も近くにあるLifeとダメージノードを習得しに行きます。

それから、左方面へ向かいましょう。

なぜなら、Fire and Nova Mineは大量にマナを要するからです。

Templar方面にあるLifeやレジストノードを習得しに行く前に、3つのマナノードを習得します。

 

 

 

その後、ScionのLife Wheelへと下りていきます。

また、右にある小さなリジェネノード(フラスコでのLifeリカバリーノードのこと)へ向かいます。

ここまで習得できれば、RFを使い始めることができます。

 

 

 

その後は、Elemental EquilibriumElemental Overload、左上にあるBurningダメージノード郡を習得しましょう。

上の画像は序盤のパッシブツリーの完成形です。

 

Occultistのアセンダンシーはこのようになっています。

 

 

 

パッシブツリーを振り直す

 

 

たくさんのEnergy Shield(以下、ES。)とレジストを装備品で確保できるタイミングでパッシブツリーを振り直します。

最初にジェムと装備品を装備するのに必要なステータス(Str、Dex、Int)を確保します。

 

赤円で囲ったノードは必須ノードです。

ESは7500以上を確保してください。

小さなESノードを習得していく前に、大きなESノードを習得しましょう。

レジストを60以上は確保するために、レジストノードを習得してください。そうしなければ即死するでしょう。

 

終盤のパッシブツリー

ここをクリック。

 


2.Act区間でのレベリング

 

効率よく進めるために、白と青モンスターと倒すのが必須なボスモンスターのみを倒します。

もしモンスターが堅すぎたらスキップして次へ進みましょう。

 

レベル1~12

Fire Trap(スタートスキルとして最適です。)

Freezing Pulse – Arcane Surge – Added Lightning(メインスキルです。高ダメージを出しながらFreezeさせて安全に進められます。)

Frost Bomb(Freezing Pulseとシナジーがあります。)

Clarity(マナリジェネ)

Flame Dash(機動力)

 

レベル12~36

Fire and Nova Mines – Minefield Support – Added Lightning

レベル36まで使います。

Arctic Armourを出来るだけ早く入手してください。

Act3でのサンダーパンチに気をつけて。

 

レベル36以降

青ソケットの4リンクを見つけたら入手して使いましょう。

RFを使い始めたのなら、Decoy Totemをボスと戦うために入手しておきましょう。

RF – Burning Damage – Elemental Focus – Conc Effect

Blasphemy – Poacher’s Mark – Flammability

Shield Charge – Faster Attacks – Fortify

Decoy Totem

Poacher’s Markはレベル1に留めておくことができます。フラスコチャージの効果だけ気にすれば大丈夫です。

 

Act4のボス達

DaressoとKaomでは、惜しげなくDecoy Totemを使って、フラスコチャージが無くなったらポータルで戻りましょう。

Malachaiは難しくありません。RFかFire and Nova Minesで楽に倒せます。

 

Act5のボス達

Decoy Totemを使いましょう。

RFは4リンクにしておいてください。

もし、Quartz、Basalt、Stibnite、Graniteフラスコを持っているなら使いましょう。

Kitava戦では、Lifeを常に90%以上で維持して1発で即死しないようにしましょう。

ポータルで戻ってフラスコを溜め直す事ができるのを忘れないで下さい。

 

Act6ボス

戦闘エリアが小さくなったらポータルで逃げましょう。

Lightning Stormが治まるのを待ってから、Decoy Totemを出してRFを使用しましょう。

 

Act7ボス

Decoy Totemを使いましょう。

ボスがタウントされるのを待ってから、RFを使うようにしましょう。

 

Act8

Harbor BridgeでDivine Lifeフラスコが使えるようになるまでファームしてからボスへ挑みましょう。

このActではボスのメカニクスをよく理解しておかなければなりません。

The GardensのPantheonはスキップしましょう。

 

Act9

Blood Aqueductでレベル72までファームしてください。

ここではとにかくLifeノードを習得してください。

The QuarryのPantheonはスキップしましょう。

 

Act10

Decoy Totemを使って下さい。

ポータルスクロールも使って下さい。

メカニクスをよく覚えて。

あとは祈りましょう。

 


3.装備品

 

SSFビルドであるが故に、Uniqueアイテムの使用を前提にはできません。

 

序盤

フラスコがこのビルドの軸です。装備品を揃える前にフラスコを揃えてください。

レベル36のフラスコは白のまま使っても大丈夫です。

レベル42のフラスコはレベル60まで使う必要があります。

レベル50のフラスコは使わないで下さい。(数値が低すぎます。)

modがないフラスコを使い始めましょう。

途中でもし、Life量が多すぎてフラスコでのリジェネが十分ではなくなった場合は、

「Sapping」(40% increased Life Recovered. Removes 10% of Life Recovered from Mana when used)のPrefix modを付与しなければなりません。

 

早期にカース解除、出血解除、ショック解除、凍結解除のフラスコを持てればより良いです。

ユーティリティフラスコはGraniteかBasaltを使いましょう。

 

RFのために手袋か頭か胴体のうち1箇所は4リンクにする必要があります。

他の部位はLifeとレジストのスタッツが高いものを使用します。

靴にはmovespeedとLifeを優先しましょう。

アクセサリーはLifeとレジストを優先しましょう。

武器はScepterを使って下さい。

 

終盤

頭:ユニークのThe Broken Crownか、ESとレジストの高いHubris Circlet。

手:カオスレジストか、ESとレジストがあるSorcerer Gloves。

靴:Steppan Eardか、ESとMovespeedの高い靴か、カオスレジストとESのある靴か、ESとレジストが高い靴。

胴体:とにかくESの高いやつ。PoE3.1でのオススメは、Shaperアイテムの「% ES on Kill」modが付いたやつ。

武器:ユニークのBrightbeakか、AttackSpeedの高いClawか、レジストの高いやつか、Fireダメージの高い武器。

盾:ESとレジストが高いやつ。

ベルト:序盤はBated Breath。終盤はBisco’s LeashPerseveranceかレジストの高いベルト。

リング:足りないレジスト補う。私はManaリジェネの付いたリングを使っています。これによりShield Chargeを使い続けることが可能です。もし可能なら、Unset Ringを入手しましょう。

アミュレット:カオスレジストが高いやつか、ES%やフラットESやレジストが高いやつか、Bisco

ジュエル:Conqueror’s Potency。これはとっても大事です。

レアジュエル:ES%、レジスト、Fireダメージ、Burningダメージ、AoEダメージ、(グローバル)ダメージ、カオスレジスト、Attack Speed。この中から必要だと思うものを選んでください。

 

フラスコ

マップに突入する前に、フラスコを整理しましょう。

ベンダーからWhetstone8つでBauble1つが買えます。白フラスコは4つのBaubleが必要です。

消費の少ないフラスコに、より重要なmodを付けましょう。

Poacher’s Markを使用しているのでPrefixで優先するのはチャージ消費量減少のmodです。

 PrefixSuffix
Eternal Life Flask Sappingany
Divine Life Flaskany instant regenfreeze/bleed/curse/shock
Quicksilver Flaskanyfreeze/bleed/curse/shock
Granite Flaskanyfreeze/bleed/curse/shock
Basalt/Silver Flaskanyfreeze/bleed/curse/shock

 

 PrefixSuffix
Ruby Flaskcharge gain/less charges usedcurse/shock/bleed
Sulphur Flaskcharge gain/less charges usedpoison/freeze
Quicksilver Flask charge gain/less charges usedcurse/shock/bleed
Granite Flaskcharge gain/less charges usedcurse/shock/bleed
Basalt Flaskcharge gain/less charges usedpoison/freeze

 


4.ジェム

 

最初にこれを説明しておきます。

Q:「なんでStone Golemを使わないの?」

A:「まず、使うためのスペースがありません。そして、マップmodのChain効果によってより多くのダメージを受けてしまいます。」

[レベリングにおけるジェムは、レベリングの項を見てください。]

 

Act10~マップ

4L CwDT – Immortal Call – IncDuration – VaalGrace

5L RF – Burning Damage – Ele Focus – Conc Effect – Inc AoE

3L Blasphemy – Poacher’s Mark – Flammability – Enfeeble

3L Shield Charge – Faster Attacks – Fortify

1S Flame Dash

1S Immortal Call

 

最終形

3L Vaal Discipline – Vaal Discipline – Inc Duration

4L CwDT – Immortal Call – Inc Duration – Rallying Cry

4L Orb of Storms – Curse on Hit – Inc Crit Strikes – Despair

4L Shield Charge – Faster Attacks – Fortify – Life Gain on Hit

5L RF – Burning Damage – Ele Focus – Conc Effect – Inc AoE

2L Blasphemy – Flammability

1S Flame Dash

1S Descipline

1S(Unset Ring) Purity of Fire

 


5.パッシブツリーの振り直し

 

Regretsが40個必要になります。

6リンクを作る必要はないので、気にせず全てのカレンシーをベンダーからRegretを買うのに使ってください。

 

Act10が終わったら、ES装備品を集め始めてください。

あなたのLife量が5200以上になったら、ES装備品を着始められます。

ItemLevel 75以上のVaal RegaliaにAlchemyを使って、もしT3以上のフラットES modが付いたら、マスタークラフトで% ESを付けて高ES胴体を手に入れる事ができます。

少なくとも420以上はESがあるでしょう。

 

ItemLevel72以上のSorcerer Glove、Sorcerer Boots、Hubris Circlet、Titanium Shieldで同様の事をしてください。

クラフトがひと通り完了したら、3回目のLabyrinthを完了させましょう。

Scorching Rayは必要ありません。RFだけで十分です。

 


6.クラフト

[この人は良いビルドを作ったのだろうけれど、一貫性のあるガイドを書けないみだいた。](たぶん英訳した人の心の声です。)

 

アミュレットのCoral、Paua、Gold。

リングのOpal、Diamond、Gold。

これらはChaosレシピのために残しておきます。

 

最初に胴体からクラフトしましょう。

頭:220 ESと高レジスト。

手袋:100 ESとカオスレジストかCold/Lightningレジスト。

靴:100 ESとMoveSpeed。運が良ければSin Trekを手に入れられるでしょう。

胴体:430 ES。T3以上のフラットESを引いたら、マスタークラフトで%ESを付けましょう。

盾:230 ES。高ESとレジストの何かを引いて、足りないレジストをマスタークラフトで補いましょう。

アミュレット:高ES、高レジスト。拾ったものを使いましょう。

リング:カオスレジスト。拾ったものを使いましょう。

ベルト:Bated Breathか高カオスレジスト。

武器:Brightbeakの代わりに高Attack SpeedのClaw。

ジュエル:高カオスレジストを引いてRegal Orbを使いましょう。

 


7.アイテムフィルター

 

アイテムを拾う事はこのゲームにおいて重要な部分です。

そして、拾う必要があるものを知っているのはあなた自身だけです。

 

もし、快適なプレイをしたいのであれば、あなたは自分のフィルターを自分で作成するべきです。

両手武器はスペースを取りすぎますし、鑑定したとしても使うことは出来ません。しかも、Alchemy Shardsをくれるのは稀です。

私にとって、アイテムを拾う事はAlchemy Shardsを作り出す事です。

 

もし、レースに参加しているなら、多くのアイテムを拾うことはできません。なぜなら、とても大きなタイムロスになるからです。

 

マッピングを継続するために必要なアイテムだけを拾いたいですね。

例えば、Alch、Scour、Regret、マップ、Chiselです。

また、たくさんスペースを取りすぎない装備品なら拾いたいですよね。

なので、頭、手袋、靴、胴体、ダガー、スタッフ、ES盾、アミュレット、リング、ベルトを選んで拾ってください。

これらはあまりスペースを取りませんし、高い確率でAlchemy Shardを手に入れることができます。

Unique装備品を拾うのもAlchemy Shardを手に入れるために良い方法です。

 

カレンシーの3Tier

高Tier – Divine、Exalt

中Tier – Regret、Chaos、Scouring

低Tier – Transmute、Armourer、Blacksmith

 

ユーティリティフラスコ、Lifeフラスコ。

Divinationカードも使えると思うものを選んで拾ってください。

 

マップの2Tier

高Tier – 赤

低Tier – 白/黄

 

最序盤 – 青靴と青ワンドを拾います。

レベリング中 – フラスコと4リンク品を拾います。

中盤 – クラフト用のベースアイテムを拾います。

終盤 – Alchemy、Scour、Regret、マップ、Chisel、Divカード

 


8.操作設定

 

フラスコはとてもとても大事です。

1:リジェネLifeフラスコ 2:即時回復Lifeフラスコ 3:Quicksilver 4:Granite 5:Basalt

 

RFを使ったら、すぐに1でLifeが減るのを防ぎましょう。

ダメージを受けた時は、23451の順に押します。

なぜ1が最後なのかって?

なぜなら、即時回復で最大Lifeまで回復するとリジェネフラスコの効果が止まってしまい、もう一度使わなければならないからです。

 

ESの回復

ESビルドで経験を積んだプレイヤーならこれをどうやってするのか知っているでしょう。

しかし、基本的に敵に遭遇する前にフラスコは使います。

もしフラスコチャージ減少のマップmodを引いた時には、フラスコチャージを上手く管理しなければなりません。

 

RFはスクロールホイールに割り当てて、Shield Chargeは右クリックです。

「Attack in Place」を使うとShield ChargeやFlame Dashで行きたい方向に行くことができます。

 


9.Fireレジスト

 

Purity of Fireで最大値が4%増えます。

また、Witch方面にあるノードでフラスコ効果が26%増えて、ジュエルでも8%増えるので、34%になります。

Rubyフラスコを使えば、6% * 1.34 = 8.04となって最大値が8%増えます。

75 + 12 = 87% Fireレジストになります。

 


10.PantheonとBandit

 

Arakaali – 5% less DoTのためです。

Shakari – カオスダメージとカオス床から受けるDoTダメージ量を減らすためです。序盤ではフラスコ維持のためにRalakeshを使います。

 

Bandit – Kill all.

 


11.アセンダンシー

[スクロールで最初に戻って画像を見て。]

 


12.マップ mod

 

カースがなければ大丈夫です。

終盤では、-% max resist、no regen、 less Life/ES regenのマップmodには行けません。

また、避けたほうが良いものとして

  • T11以上のマップでの、Crit Chance + Crit Multi + additional ice/lightning damage
  • ものすごく敵が堅くなる組み合わせ。例えば、60%以上のLife増加 + 40% resist – もしモンスターを瞬殺できなかったら、危ないことになります。
  • 90-110%程度のAdditional Cold + Additional Lightning damage
  • Attack Speed + Damage + Boss Damage

 


13.War for the Atlas

 

Unshaping Orbは、Regert5個とChisel20個で作れます。

Journeyman Cartographer’s Sealは、3Journeyman Sextant + Scouringです。

Apprentice Cartographer’s Sealは、3 Apprentice Sextant + Scouringです。

 

T10 Haunted Mansionに6Sextantを使って周回します。(※PoE3.1の頃の話だと思われます。)

このマップには4つのレイアウトパターンがあります。

その内3つを周り方を含めて画像で紹介します。

 

 

 

 


3.2での変更点

 

Elder領域は左側にあるようにする。

 

Shaped化するマップは、T10 Haunted Mansion、T11 Underground Sea、T12 Bazzar、T13 Armory、T14 Waste Pool、T15 Siegeです。

T12 Ancient Ruins(?)は作り直されました。

よってBazaarに変更します。モンスター密度が高く、白Sextantを適用することができます。

T14とT15はマップボスと戦いません。

 

Kill all Bandits – Manaリジェネを確保するのが楽になってから、もうオーラで確保する必要はなくなりました。バトルクライ(Rallying Cry)を使うように変更しました。

 

もし4modのゴミのようなT10マップを持っていたら、Vaal Orbで8mod化のギャンブルをしましょう。

黄マップは白マップのようにmodの効果が低めです。ほとんど全てを周回できるはずです。

 


[最後にShapingについて書いてあります。

こんな感じの内容です。

Elder領域を左側でコントロールする。

T5 ChannelかT5 MazeかT5 Sulpher VentsにShaper Orbを使って、

ベンダーレシピで3個売って1つ上のTierにして、T11のShaper Orbを手に入れます。

それから、UnShapeしてHaunted MansionをShapeします。

同じことをT6/T7/T8で行って、T12/T13/T14のShaper Orbを手に入れます。

それから、T14 Waste Poolを3個売ってT15 Shaper Orbを手に入れます。

これってどういう意味なのかよく分からないから誰か教えて!]

 


補足

 

Redditのコメントに書いてありましたが、最後の項にあるShaper Orbに関する補足です。

これは、Shaper Orbを手に入れるためにクリアしたマップを未クリアへと戻す際のSextantを節約する方法のことです。

(正確には、SextantとScouringを節約してRegretとChiselを消費する方法です。)

例えばT11 Shaper Orbを入手する時は、T5 ChannelをShaped化してT10 Shaped Channelを3つ手に入れて、ベンダーレシピで3個売ってT11 Shaped Atollを手に入れておきます。

Elder領域がAtollまで広がった時に、T11 Shaped Atollへ行き、マップボスを倒すとT11 Shaper Orbが手に入ります。

その後は、UnShapeして好きな所へとT10 Shaper Orbを使う事ができます。

この方法は最初の10個のShaper Orbに対してのみ使えるやり方です。


コメントはこちらから