[PoE] AutoHotKeyのススメ

PoEには便利な外部ツールが数多く存在しています。

主にPoEのプレイを快適にするためのツールですので紹介いたします。

 

これから紹介するツールは、いずれもPoEの規約には反していないためBANされるような心配はありません。

また、宗教上の理由で外部ツールを導入したくない方にまで無理にオススメするつもりはありません。

 


AutoHotKeyの導入

 

私が使用しているツールを紹介していく予定ですが、いずれのツールもAutoHotKeyによって動作しています。

AutoHotKeyとは、マクロ動作をさせられるユーティリティソフトウェアです。(フリーソフトウェアです。)

 

そのため、まず最初にAutoHotKeyを導入しておく必要があります。

 

AutoHotKey公式サイトのダウンロードページへ行って、ダウンロードしてきましょう。

 

 

 

exeファイルのインストーラーがダウンロードできたはずなので、起動しましょう。

 

 

 

インストールする際は設定を特に変更する必要はないと思いますので「Express Installation」を選んでください。

インストール場所を変えたい場合などには、各自で変更してみてください。

 

 

 

しばらく待つとインストールが終了するので、「Exit」を押して終了しましょう。

 

 

これでAutoHotKeyのインストールは完了です。

各ツールを動かすための環境が整いました。

 


PoEツールの紹介

 

私が使用しているのは以下のツールです。

 

PoE-TradeMacro

多機能マクロです。

私は主にアイテムのmod確認、武器のDPS確認、相場のチェックのために使っています。

1キーでHideoutに飛んだりするような便利なショートカット機能もあります。

 

POE Trades Companion

トレードの売り手側になった際の応答やアイテム探しを半自動化してくれます。

トレードにかかる手間を省きたいならオススメです。

 

Lutbotログアウトマクロ

ハードコアリーグで遊ぶ際に使っています。

通常のログアウトよりも素早くキャラクターをゲーム内から落とすことができます。

 


注意

 

AutoHotKeyは、マクロ言語を記述できれば独自のマクロを組めます。

経験のある方なら自力でマクロを組めてしまいますが、それはオススメしません。

PoEの規約に触れてしまう恐れがあるからです。

 

有名な例だと「1つのキーで全てのフラスコを飲む」といったマクロ(フラスコマクロ)はすぐに組めてしまいますが、これはBAN対象です。

「プレイヤー自身の1アクションによって、ゲーム内で複数アクションが行われる。」ことを禁止しているからです。

 

そういった背景から、一般公開されている有名なツールのみを使うように心がけましょう。


コメントはこちらから