[PoE] Berserker Rageの使用感

コメント欄で尋ねられたRageの使用感について、

プレイ日記ではほとんど触れていなかったので書いてみようと思います。

 


プレイ日記でも書いたのですが、

私のビルドの場合、War BringerノードとBattle Cryノードの両方を習得しているため、

 

 

 

Enduring Cryを1.8秒毎に撃てます。

 

 

つまり、適度にウォークライを使っているだけで敵がいなくともRageのスタック数を維持できますし、

最速で使用していけばRageスタックをどんどん溜めていくことも可能です。

そのため、基本的にマップ周回中はずっとRageが最大の50スタック溜まった状態です。

 

そこで、今回はRageが50スタックある時を基準に考えていくことにします。

 


 

Rageが50スタックある時の効果は、

  • 100% increased Attack Damage
  • 50% increased Attack Speed
  • 20% movement Speed
  • Lose 10% of your maximum Life per second

です。

この能力の評価をしていってみましょう。

 

まず、Lifeを失っていく効果には対策をしないといけません。

Lifeを失う効果はダメージを受けているわけではなく、純粋にLifeが減っていく効果です。

つまり、どの属性でもないため各レジストで軽減することもできませんし、

Blood Rageの自傷ダメージのように)Endurance Chargeで軽減することもできません。

できる事と言えば、Lifeリジェネを稼いで相殺するくらいです。

 

私のビルドで、RageのLifeを失う効果を相殺するために追加で習得したLifeリジェネノードは全部で8パッシブポイント相当です。

パッシブツリーで見るなら下の画像の位置ですね。

 

 

 

実際は、ここまでLifeリジェネにポイントを投資したとしても0.3%ほどマイナスになっています。

 

 

ウォークライを発動すればLifeが25%回復するため、この程度のマイナスが続いたとしても問題ありませんし、

戦闘中であればEndurance Chargeによって追加でLifeリジェネを得られるため気になりません。

 

 

 

どんな時でも最大限にLifeプールを確保しておきたいのであれば、下のようなアビスジュエルを装着すると良いかもしれません。

 

 

 

というわけで、Lifeを失う効果の方はなんとかなりました。

ギリギリ相殺できていることからも想像がつくと思いますが、

ダメージを受けた際にはLifeリジェネで回復するのではなく、ウォークライによって回復しています。

 

さて、8パッシブポイントの投資で

  • 100% increased Attack Damage
  • 50% increased Attack Speed
  • 20% movement Speed

を獲得できたと考えればかなりポイント効率は良いです。

しかし実際は、Rite of Ruinノードを習得するために4アセンダンシーポイントも使っちゃっているので、

それを含めるとポイント効率はあまり良くありません。(War BringerノードでのRageスタック維持も含めるなら6ポイント?)

 

 

この手の計算はこのビルドを遊び始める前に行っていますし、ポイント効率の悪さは”ネタビルド”と表現していた理由でもありました。

 

Rage自体のメリット効果は決して悪いものではありません。

個人的には、Movement Speedの上昇には大きな価値があると感じているので魅力的です。

ですが、デメリット効果が大きいため結果的にポイント投資に見合った効果ではなくなっていると思います。

 


近いうちにBerserker(とAssassin)にはバランス調整が入りそうな気がしています。

どのような変更になるのかは分かりません。

 

上でポイント効率について書きましたが、

仮に、Rite of Ruinノードまでの効果が2アセンダンシーポイントのみで習得できるようになったとしても、

それだけではBerserkerの立ち位置が大きく変わることはないと思います。

単純に、余った分のアセンダンシーポイントを振る先となる価値あるアセンダンシーノードがないのです。

 

特に、Berserkerの左上方面へのLeech関連ノードは完全に時代遅れです。

 

 

Rage関連ノードへ手を入れるだけでなく、他のアセンダンシーノードも見直していかないと人気は復活しないでしょう。

 

他のアセンダンシークラスには、パッシブツリーでは代用できないユニークな効果を持つアセンダンシーノードが備わっていますが、Berserkerにはそういったものがないのも気になる点です。

最終的にどのような調整が入るにしても、大きなデメリットを背負う代わりに大きなメリットを得られるというBerserkerのコンセプトからブレないで欲しいなと思います。


関連記事

[PoE] Berserker Rageの使用感” への3件のコメント

  1. more life 200%, more take damage 200%
    こういうの付けて欲しいのよね
    100% of Damage Leechも活きるしcwdt特化も熱い
    後はメインハンドに2H武器持てたら満足

  2. 大変興味深い記事でした
    Berserkerのコンセプトは良いにしろ、現状は問題を抱えているというのに同意です
    私は今期リーグのSCをBerserkerで、Delve300、チャレンジ24までやっております
    Leechノードを取り、BloodseekerでInstant吸いにして、CycloneとVaalCycloneでガリガリと
    古臭い自覚はあるんですが、Delveの暗闇にいる敵を引きずり出せるし、これがなかなか気に入っています
    WarcryのInstant化もAbyssal Cryで使ってますが、回転中に使えるようになってこれも気持ちの良い進歩ですね
    ただなんだか最近パワー不足を感じるんですよね、火力特化のはずのBerserkerなのに
    他クラスのゴリゴリのメリットノードと比べて、デメリット背負ってまで上げる火力が物足りないというのがあると思います
    個人的にはユニークな効果は必ずしも必要はなく、他クラスには追いつけないレベルの純DPSマンであってほしい
    そろそろAspect of Carnageの数値が両方上がったりしてほしい
    不遇スキルもBerserkerが使えばダメージだけは保証してくれるのが大好きです

    1. BerserkerのLeechノードとBloodseekerによるLeechのInstant化は相性が良いですよね。昔のVaal Pactビルドを彷彿とさせます。
      ただこの場合も、Marauderエリアの真逆にあるShadowエリアにClawノードが固まっているため、Berserkerの立ち位置の歪さを感じてしまいます。

      > 他クラスのゴリゴリのメリットノードと比べて、デメリット背負ってまで上げる火力が物足りないというのがあると思います
      私も同意見です。
      そもそもデメリットを背負うこと自体がユニークな特性だと思うのですが、それに見合うだけのメリットを得られていないのが一番大きな問題点です。
      結局のところ、BerserkerはDamageとAttack Speedを増加させるという平凡な効果しか持ち合わせていないため、
      この点においては他クラスが追随できないほどの数値を与えればそれがユニークな効果になり得ます。

      RedditでもRageの自傷ダメージを無くしたらどうか?という意見が出たりしていますが、私の意見は逆でデメリットはそのままにメリットを増やして欲しいと思っています。
      角を丸めて小ぢんまりとしてしまうよりは、もっと尖らせる方向でBerserkerとしてのアイデンティティを確立して欲しいですねー。

コメントはこちらから