[PoE Buildガイド] Vaal Double Strike Champion

2018年6月現在、PoE3.3 Incursion リーグで遊んでいるビルドの紹介です。

 

 


1.ビルド概要

 

Vaal Double Strikeを使うビルドです。

 

良い点

  • エンドコンテンツのボスを攻略可能です。(向いているわけではありません。)
  • 必須アイテムが安価なため、無資産からでも始められるビルドです。
  • ワンパン即死攻撃をしてくる相手でもない限り、棒立ちで殴り続けるだけで勝てます。

 

悪い点

  • 射程の短いスキルを用いるため、ファームスピードはそこまで早くはありません。
  • 最高の装備品を目指すと多くの費用がかかります。
  • 一部のマップmod(Ele Reflect、Cannot Leech、cannot be Taunted)が苦手です。

 


2.ビルドコンセプト

 

特に複雑なビルドメカニクスを用いているわけではありません。

ビルドのコンセプトとしては、以前に公開したSSTのビルドと同じです。

 

つまり、PhysicalダメージベースのスキルをElementalダメージへと変換することで、

ダメージをさらに伸ばしやすくするというものです。

 

 

Vaal Double Strikeについて

 

パッチ3.3.0により、Vaalスキルジェムの扱いが大きく変わりました。

Vaal Double Strikeジェム1つでDouble StrikeスキルとVaal Double Strikeスキルの両方が使用可能となります。

そのため、ソケット数を圧迫することなくDouble Strikeと同じサポートジェムでVaal Double Strikeが撃てます。

 

 

まず、Double Strikeスキルが大きく強化されました。

出血状態の敵に対して追加のPhysicalダメージが乗るようになりました。

この追加Physicalダメージの量がとても大きいので活用しない手はありません。

 

 

当ビルドはPhysicalダメージをColdダメージへと90%変換します。

10%の変換ロスが発生してしまっていますが、Physicalダメージが残るからこそ相手を出血状態にさせることができます。

ただし、最終的なPhsicalダメージの量はとても小さいので、出血自体のダメージには期待できません。

 

 

また、Vaal Double Strikeスキルも大幅に強化されて、まさに必殺技のような使い方ができるようになりました。

2スタックまで溜めたVaal Double Stikeを一気に発動させれば、瞬間的に80% more Damageを上乗せすることができます。

Vaal Double Strikeによって出現する分身は無敵であるため、

難しいボスモンスターへの攻撃は分身に任せておいて本体は遠くで見守るだけ、という使い方も可能です。

 

 

 

Double Strikeの欠点について

 

Double Strikeは生粋の単体Meleeスキルです。

範囲スキルではありませんし、目の前の敵にしか攻撃できません。

そのため、通常のマッピングではAncestral Call、Melee Splashの両方をリンクさせてやることで、

範囲スキルへと変化させて、ある程度のクリアスピードを確保できます。

 

このままでも黄マップ程度のマップボスなら瞬殺できるのですが、終盤のボスモンスター相手となると火力を上乗せしたくなります。

そこで、ダメージを伸ばせるようなサポートジェムへと入れ替えを行うのですが、ここで再びただの単体スキルへと戻ってしまいます。

一部のボスモンスターは取り巻きモンスターを出現させたりと特徴を持っており、単体スキルで挑むと不利になるケースもあります。

つまり、本当に全てを入れ替えるべきであるか?という点も考えていかなければなりません。

このあたりの話は、各プレイヤーのプレイスタイルなどで差が出てきてしまう部分ですし、

経験の浅いプレイヤーであると事前知識がなかったり判断が難しかったりで、最初は上手くいかないシーンが出てきやすいと思います。

 

この点において、取り回しが少し難しいスキルかなと感じました。

 


3.プレイスタイル

 

一般的なDual WieldingのMeleeビルドと同じです。

Whirling Bladesで高速移動する。そして敵にDouble Strike!

 

以下にプレイ動画へのリンクを貼っておきます。

 

Amanamu, Liege of the Lightless

The Apex of Sacrifice

Tul’s Domain

The Alluring Abyss

Red Elder

The Shaper’s Realm

 


4.DPS

 

vs Shaper

 

 

 


5.必須アイテム

 

メイン武器

 

 

Bloodseeker自体は、特にクリティカル確率が高いわけでもなく、

APSが高いわけでもなく、結果的にDPSもそれほど高くはありません。

しかし、火力に関してはDouble Strikeの追加Physicalダメージによって補うことができます。

この武器を用いる最大の理由は、Life Leechが即時適用されるようになる点です。

 

 

ダメージ変換に必要なアイテム

 

 

HrimsorrowWinter SpiritノードによってColdダメージへ90%変換します。

HrimburnへとFated化する必要は特にありません。

 


6.その他アイテム

 

オフハンドに持つShaper武器

 

 

オフハンド武器の性能によっても大きく火力が上下してしまいます。

Double Strikeは、Dual Wieldingであっても常にメインハンドの武器で攻撃します。

そのためオフハンド武器自体のDPSは必要がなく、強いShaper modが付いているアイテムが適しています。

「Gain ##% of Physical Damage as Extra Cold Damage」は必須です。

また、当ビルドはクリティカル型であるためCirit Multiが高いものを探しましょう。

加えて「Damage Penetrates #% Elemental Resistances」も付いていればベストです。

 

 

Kaom靴

 

 

Elderと戦うつもりであるなら、Kaom靴は良い選択です。

「You cannot be slowed to below base speed」modの効果によって、

Chill、Freeze、Temporal Chainのスロウ効果を受けません。

 

 

Rareアイテム

 

アミュレット、リングは、Rare品を装備することになると思います。

 

まず、リングにはLifeと各レジストを稼げるものを選びましょう。

加えて「increased Elemental Damage with Attack Skills」のmodが付いていれば十分です。

ベストを目指すなら、さらに「Adds ~ Physical Damage to Attacks」も付いたものを選ぶと良いです。

 

アミュレットで最も大事なのはCirt Multiのmodがあるかどうかです。

もちろん、Lifeやレジストも確保しましょう。

アミュレットにも「increased Elemental Damage with Attack Skills」のmodが付くのですが、

アミュレットには高い数値の「Adds ~ Physical Damage to Attacks」が付くため、どちらを選んでも同じくらい強化できます。

両方あればベストです。

 

 

ジュエル

 

modの優先順位を書いておきます。

  1. increased Maximum Life
  2. Critical Strike Multiplier系
  3. increased Attack Speed系
  4. increased Damage系

この中から最低3modを持つものを使用しましょう。

 

Watcher’s Eyeの「+#.##% to Critical Strike Chance while affected by Hatred」がとても有用なのですが、

非常に高価なので入手は最後にした方が良いでしょう。

 

 

フラスコ

 

以外は自由枠です。

資産に余裕があれば、Taste of Hateが強くてオススメです。

また、Whirling Bladesで高速移動ができるので、Quicksilver Flaskは不要だと思います。

 

 

頭装備エンチャント

 

Double Strikeの頭装備エンチャントはどれも相場が高くなっており、私自身は使用しませんでした。

 

エンドコンテンツのボスモンスターとの戦いに重きを置くのであれば

  • Double Strike has a 15% chance to deal Double Damage to Bleeding Enemies

が単純に15%もDPSが伸びてオススメです。

 

普段のファームを強化したいのであれば

  • 15% increased Double Strike Attack Speed
  • 90% increased Double Strike Critical Strike Chance

が良いと思います。

こちらのDPS上昇はいずれも5%強といったところです。

Attack Speedが増えれば攻撃速度・移動速度が早くなってより快適になります。

クリティカルが発動すれば雑魚モンスターならワンパンで倒せるので、クリティカル確率の上昇によってもスムーズに倒していくことができるようになります。

 


7.使用アイテム例

 

実際に私が使用しているアイテムを貼っておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


8.パッシブツリー

 

Lv95時点でLife量はこれくらいです。

 

 

BanditはAliraの能力を選びました。

あるいは、優秀なパッシブノードが多いのでKill Allによる+2スキルポイントもアリだと思います。

 

 

パッシブツリー

Path of Building用のImportData

 

 

 

アセンダンシークラス

Championを選びます。

 

 

最初に、Conqueror & Worthy Foe(右方面)を習得して、

それからUnstoppable Hero & Fortitude(左方面)を習得するのがオススメです。

 

Conqueror & Worthy Foe(右方面) ※必須

攻撃をHitさせることで相手を確実にタウントします。

タウントした相手は被ダメージが増えて、こちらの攻撃が必中となります。

これによって装備でAccuracyを稼ぐ必要がなくなります。

パッシブでResolute Techniqueを習得する必要もないため、Claw系ノードの習得へと専念できます。

また、タウントすることでLifeリジェネが発生し、Blood Rage中でもDamage on Full Lifeの効果を発生させ続けることが可能です。

ただしタウントする都合上、Decoy Totemを活用できなくなります。

 

Unstoppable Hero & Fortitude(左方面) ※オススメ

ボスとの戦闘中に、Fortifyを発動させるためにWhirling Bladesを使うような事はしたくなかったので習得しました。

基本的にLeechできている状態が一番安全なので、Leechできていない隙を作らないことが目的です。

 


9.Pantheon

 

Major GodはLunarisを選びました。

 

 

私はカオスレジストを稼いでいなかったので、Arakaaliも良い選択であったと思います。

 

Minor GodはShakariを選びましょう。

 

 

やっぱりカオスダメージが痛かったので、とても頼りになりました。

 


10.ジェム

 

メインスキル 6L

  1. Vaal Double Strike
  2. Chance to Bleed
  3. Melee Physical Damage
  4. Elemental Damage with Attacks
  5. Melee Splash
  6. Ancestral Call

 

※対ボスモンスター用に入れ替える候補となるジェムは

  • Ruthless
  • Dmage on Full Life
  • Multistrike
  • Hypothermia
  • Elemental Focus

あたりをお好きにどうぞ。

 

トーテム2L

  1. Ancestral Protector
  2. Chance to Bleed

 

Blood Rage 2L

  1. Blood Rage
  2. Enhance

 

移動用スキル 3L

  1. Whirling Blades
  2. Faster Attacks
  3. Blood Magic

 

CwDTセット 3L(全てLv1でok)

  1. Cast when Damage Taken
  2. Immortal Call
  3. Frost Bomb

 

オーラ

  • Hatred

 

カースオーラ 2L

  1. Blasphemy
  2. Frostbite

 

その他

  • Portal

 


11.序盤~中盤のレベリング

 

Molten Strike – Melee Phys – Ancestral Call – Added Fire

を目指しましょう。

少なくともDouble Strike、できればVaal Double Strikeを裏でちゃんと育てておいてください。

追加のPhysicalダメージが大きく変わります。

 

Act5のクエスト報酬でWildfireを獲得すれば殲滅能力が向上します。

 

 

適当に拾った強い武器を使いつつオーラを張ったりしていけば、それだけでActはクリアできると思います。

もし辛いようなら適当な武器を他プレイヤーから買って使ってしまいましょう。

Molten Strikeには武器の縛りがなく、許容できる武器種の幅が広いことも魅力の1つです。

 

Lv62になったらBloodseekerを装備したいところですが、

リーグ初期に遊ぶ場合、Bloodseekerの相場が高い傾向にあります。

そんな時はお安いWasp Nestをつなぎに使うと良いです。

 

 

 

オフハンドの武器はShaper品が手に入るまでThe Princessを使うと良いと思います。

 

 

この2つの武器を手に入れられたら、もうMolten Strikeは使いません。

Molten StrikeだとDPSの低いオフハンド武器でも攻撃してしまうからです。

このタイミングでVaal Double Strikeへとチェンジしましょう。

 


実際に私がこのビルドをプレイした様子は、[PoEプレイ日記] Incursionリーグ 1から見ていくことができます。


[PoE Buildガイド] Vaal Double Strike Champion” への9件のコメント

  1. はじめましてこんにちは!
    わたしもChampionでVaal Double Strikeやってるんですが、似てるところ・違うところがあって、同じスキルでも違いが出てPoEってほんとおもしろいなぁと感じたところです(^ν^)
    わたしは、ブリード爆破狙いでHaemophiliaを使ってるんですが、Hrimsorrowでコールドに90%変換するの良さそうですね!
    この記事読んでまたいろいろ試してみようと思いました!

    1. こんにちは!
      爆破メカニクスがあるとパック処理がスムーズになりそうですね!
      もちろん単体火力も高いでしょうから、Haemophilia採用のビルドはとても強そうです。

      Vaal Double Strikeはスキル自体が強いのもあって色々なバリエーションのビルドが存在して面白いですよね。
      私も他人のビルドを見て色々と感心しています。

  2. いつもわかりやすい記事にお世話になっております。

    自分もDoubleStrike Buildをやっていたので、こちらの記事は大変参考になりました。
    具体的にはDoubleStrikeはメインハンド武器しか参照しないところとか()

    Lv87にしてその事実をこちらの記事で知り、今では元気にSoulTakerをオフハンドに構えてビュンビュン飛び回ってます。ありがたや。

    1. けっこう大事な部分を見落としてましたね・・・!
      元気に飛び回れるようになったようで良かったですw
      SoulTakerオフハンドもMana消費が気にならなくなって良いですよねー。

      1. この勘違いをしたまま動画投稿して説明文に「強い片手武器2本手に入れた皆もやろうぜ!」とか書いちゃって全国レベルで恥をさらしてしまったExileです^q^

        DoubleStrikeは何かとASが早めになるので何も考えずに移動スキル打つとマナが足りないって怒られるので、その心配がなくなるのはやっぱ快適ですねw
        ただやっぱりShaperのExtraEleオフハンドに比べるとDPSでは追いつけない悲しみ。
        マップ徘徊速度はすごいんですけどね。制御できなくなるレベルで()

        1. Double Strikeのモーションは速くて、どちらの武器で殴ってるか分かりづらいですからねー。
          確かにエンドコンテンツのボス相手だとShaper武器の方がDPSが高くなって適していると思いますが、
          普段のマッピングであればSoul Takerを持って自由に移動スキル使えた方が周回タイムは短くなりそうですね。
          なにより快適さは大事ですw

          1. まぁ何故ExtraEle武器じゃなくてSoulTaker装備する考えに至ったのかというと、PurePysicalなBuildでBrutalityがリンクに入ってきてるからってのが最大の理由なんですがねw
            Elemental Damageなんて無かった()

    1. 足し蟹!
      Vessel of Vinktarとごっちゃになっていたようです。

      Taste of Hateはこのビルドとマッチしていましたね。
      該当箇所を修正しておきました。

コメントはこちらから