[PoE] CI Blade Vortex向けShaper武器とFossilクラフト方法

PoEストリーマーのWaggle氏がクラフトしていたShaper武器がユニークだったのでご紹介。

Twitchはこちら。

 

彼がプレイしているビルドはCI型のBlade Vortexです。

その武器がこちら。

 

 

「Minion deal #% increased Damage」modが付いていますが、

パッシブツリーでSpiritual Aidノードを習得することによって自身のダメージアップ源へと変換しています。

 

 

これにより、Extra Fire DamageやExtra Cold Damage、Crit Multiの他にも、

「Minion deal #% increased Damage」と「#% increased Damage when on Full Life」によって大量のIncreased Damageを稼いでいます。

 


Fossilクラフト

 

「Minion deal #% increased Damage」

「#% increased Damage when on Full Life」

はどちらもDelve modであるため、この武器はFossilによってのみクラフトができます。

クラフトが順調に上手くいったとしても、最低でも3Exalt+αは必要になります。

また、Catarina Lv8が必要にもなります。

 

さて、使用するFossilは3種類。

 

Aethericと、

 

Boundと、

 

Pristineです。

 

まず、3つのFossilを使って

  • 「Minion deal #% increased Damage」(Prefix。ロール値の幅は30%~80%)
  • 「#% increased Damage when on Full Life」(Suffix。ロール値の幅は50%~120%)

の2つが付いた状態を目指します。

 

Thrusting One Hand Swordタイプの武器は、Attackタグのmodがかなり多くの割合を占めているため、

Aetheric Fossilを使って不要なこれらのmodが付きにくくなるようにします。

Bound Fossilは、Minionタグのmodである「Minion deal #% increased Damage」を付けるために必須です。

Pristine Fossilは、一部の不要なArmourタグとEvasionタグのmodを付かなくさせ、

「#% increased Damage when on Full Life」のmodを付けるためにも必須です。

 

 

次に、Prefixの空きが2つ、Suffixの空きが1つになるようにAnnulmentを使用していきます。

(Suffixの空きが2つあってもクラフトを続行できますが、Exaltを追加で1個多く使用する可能性が出てきます。)

 

空いているSuffixにCatarinaによる「Cannot roll Attack Mods」をマスタークラフトします。

後はExaltを使っていくだけです。

 

空いているのがPrefixのみである事と「Cannot roll Attack Mods」がある事によって、

Exaltによるmod追加に大幅な制限がかかります。

具体的にはExaltによって追加される可能性のあるmodは以下の3つです。

  • +1 to Level of Socketed Gems
  • Gain #% of Physical Damage as Extra Fire Damage
  • Gain #% of Physical Damage as Extra Cold Damage

 

上手くExtra Damageを2つ引けたら「Cannot roll Attack Mods」を消して、

「+#% to Global Critical Strike Multiplier」をマスタークラフトすれば完成です。


[PoE] CI Blade Vortex向けShaper武器とFossilクラフト方法” への1件のコメント

  1. なんこれやばい・・・やばくない?Fossilクラフトめっちゃ夢あるやん!! 記事ありがたい・・

コメントはこちらから