[PoE] Development Plan for 2019

PoE公式にて2019年の開発計画がアナウンスされました。

 

 


意訳

 

開発チームのほとんどが帰ってきて、ニュージーランドの夏の間に様々な休暇で休養できたという報告と共に、今年のPath of Exileの開発計画がどんなものなのか最新情報をお伝えします。

 

2019年は4つの重要なPath of Exileアップデートがリリースされます。

3月に3.6.0、6月に3.7.0、9月に3.8.0、12月に3.9.0といった形です。

これらのリリースは、これまでの数年間で我々が使ってきた形式に追従する予定です。

チャレンジリーグ、様々な拡張機能、新しいキャラクタースキル、新しいキャラクターアーキタイプの導入と、その他の多数の修正とQoL(快適性)の改善です。

 

2019年のアップデートへの取り組みの間に、我々は4.0.0のメガ拡張が大きく前進することを望んでいます。

恐らく2020年のどこかでやって来るでしょう。

我々のバージョンのナンバリングシステムに不慣れな方向けに説明しておくと、我々がアップデート3.9.0をリリースしたら、次のアップデートを4.0.0にしなければならないわけではありません。

例えば、我々は来年の最初に4.0.0をリリースする予定ではないため、3.9.0の後のバージョン(2020年3月)は3.10.0です。

 

4.0.0の開発は大規模なタスクであり、いつものペースでかなりの規模のリーグをリリースし続けたいという我々の願望に大きく影響されています。

そのため、リリース日を決める前に、我々は時間をかけて準備が整ったことを確認しています。

 

2019年のクライマックスは、11月のファンコンベンションであるExileConです。

そこでは、我々は12月の3.9.0アップデートと4.0.0のプレビューを少しお見せすることができます。

このコンベンションは3.9.0リリースのおよそ2~3週間前に開催するため、みなさんはほぼ最終バージョンのPoEをプレイすることができるはずです。

今後2~3週間以内にチケットを発売する予定です。

 

また、我々はPath of ExileのPlayStation4バージョンの最後の仕上げも行っています。

近いうちにリリース日をアナウンスできるはずです。

 

今年は確実に忙しくなる年です。

およそ1ヶ月以内に、2019年の最初の拡張であるバージョン3.6.0について多くのニュースをお届けできると思います。

 


本文中のExileConへのリンクURLが下のようになってますね。(まだリダイレクトされてしまいますが。)

http://www.pathofexile.com/exilecon

近々、ExileConページが公開されそうです。

 

ちなみに、PS4のサイトにPoEのページがあり、そこには2019年2月とリリース日が書かれています。


[PoE] Development Plan for 2019” への9件のコメント

  1. こんにちは?
    あなたはcold属性のbrandを得るでしょう。
    あなたはlightning DoTを得るでしょう。
    Tricksterはlightning DoTに関するAscendancyスキルを得るでしょう。
    Perfect Agonyは各種Elemental DoTに適用されるようになるでしょう。
    あなたはProximity Shieldとその他のシールド系スキルgemを得るでしょう。
    シールド系スキルに関するパッシブスキルはMarauderノードの近辺に追加されるでしょう。
    また会いましょう。

  2. そろそろscionに続く新キャラ欲しいですね。4.0までには実装されないかなぁ。新キャラ来たらツリーは大幅改変ですよね。
    4つ目のclassとかワンチャン。大規模アプデとしては良さそう。
    古くなってきたコンテンツの改装リーグとかもありそうかなぁ
    atziri関連が候補筆頭かな?pale councilとかもかなぁ。
    妄想は尽きないですね。

    1. 新キャラ欲しいですねー。
      以前にキャラクターの3Dモデルを作り直してるとかいうのを見かけたので、来るとしたらそれと一緒かなと思います。
      タイミングとしては4.0がちょうど良さそうですけれど・・・どうなるんでしょうかねー。

    1. サーバーの快適性もQoLの一環ですよね。
      特にリーグ初期のラグをなんとかして欲しいです。

  3. 新しいキャラクターアーキタイプ!?
    一体どんなものになるのか気になりますね

コメントはこちらから