[PoEプレイ日記] Betrayal SC 1

PoE冬の陣、開幕です!

 

事前にいくつかビルドを考えてはみたのですが、

今度のリーグではオーバーリーチビルドを体感しておきたかったことを思い出して、Scionスタートすることにしました。

 

 

ビルドの方は折角なのでSteel系の新スキル2種のうちどちらかを使っていきたいなと思ってます。

どちらも微妙だった時はElemental Hitに逃げますw

 


最初の街へ到着してスタッシュの並び替えをしていたら、フラグメントスタッシュタブが豪華になっていることに気がつきました。

Scarabも入れられるようになったみたいです。

 

 

 

また、最初のジェム報酬のところで、ジェムに変なアイコンが付いてました。

 

 

 

クリックすると動画でスキル紹介が始まりました。

これがパッチノートに書いてあったスキルジェムチュートリアルってやつなのでしょう。

 

 

 

さて、Act1の街を出ると早速Junさんに出会いました。

 

 

といっても、ここではお話するだけ。

 

次のエリアに向かって進んでいたら、何やら新しいマークを発見しました。

 

 

 

マークの位置にはイモータルシンジケートの要塞がありました。

イモータルシンジケートの活動としてある4種類のうちの「Fortification(要塞)」に該当するやつですね。

要塞の中に誰かいるみたいですが、とりあえず入り口の扉を殴ってみます。

 

 

 

扉のLifeを減らしたら、中にいたモンスターが飛び出してきました。

 

 

 

倒すとこんな感じでクリックできるようになりました。

Leo・・・って旧マスターのLeoさんですよね。謎の失踪・・・あっ

 

 

 

というわけで、Leoさんをどうするか2択で決められるようです。

左の「Interrogate」は「尋問する」、右の「Bargain」は「交渉する」となっています。

 

 

とりあえず左を選んでみました。

 

調査ボードの下側にあるエリアに移動しました。

ターン数が書かれているので、しばらくのあいだ尋問するみたいですね。

 

 

 

そういえば、要塞の中にはHealing Totemがありました。

シンジケートメンバーを回復するみたいなので、優先して壊した方が良いのかもしれませんね。

 

 

 

シンジケートメンバーとは毎エリア遭遇できるので、どんどん倒していきましょう!

今度は「Transportation(輸送)」に遭遇しました。まるで大名行列ですね。

 

 

 

最初はパッと見でどれがシンジケートメンバーなのか分かりませんでしたが、よく見ると頭上にマークが付いてますね。

 

 

 

この輸送タイプは画面下に表示されるゲージが満たされる前にシンジケートメンバーを倒さないといけないようです。

序盤は火力がないので結構ギリギリでしたw

 

 

 

そして、今度は右を選んでみました。

 

 

 

確かにIntelligenceが貯まりました。

このIntelligenceを貯めるとセーフハウスに行けるようです。

 

 

 

ちなみに、Leoの残りターン数が減っていました。

イモータルシンジケートが出現するエリアに入場した時点でターン数は減るっぽいです。

 

 


ScionでもBannerスキルを購入できるみたいなので、早速使ってみました。

 

 

 

なんかシュール

 

 

 

Steel系スキルが入手できるのは少し先なので、攻撃スキルにはMolten Strikeを使って育てることにしました。

Wildfireを1つまでしか付けられないナーフが入りましたが、そこまで長くMolten Strikeを引っ張るつもりもありませんし、

Molten Strike自体はダメージがバフされたのでむしろ序盤は強化されてます。

 

 

スキルに限らずエリア全体も色合いや雰囲気がちょっと変わったような・・・。

きっとDelveにのみ導入されていたグローバルイルミネーションやポイントライトシャドウが各エリアにも適用されたのでしょう。

 

 

シンジケートメンバーとの戦闘では、途中から助っ人が参加してきたりするみたいで、

 

 

 

2人倒せると、片方はランクを上げる選択肢を選べるようになります。

 

 

ちなみに、「Execute(処刑)」と書いてありますが、処刑されたシンジケートメンバーはその後も普通に出現してきます。

あくまでボタンの上に書かれている内容が反映されると捉えて良さそうです。

 

 

また、シンジケートメンバーは時々Veiled mod持ちのアイテムを落とすみたいです。

 

 

 

このアイテムは街にいるJunさんに持っていけばベールを取り払ってくれました。

 

 

 

「クラフトがアンロックされた」という表示が出たので、そいうえばとHideoutに行ってみることに。

今パッチからいきなりHideoutへ行けるようになってますね。

 

 

 

新しいクラフトベンチはすごい強そう

 

 

 

一方、古いクラフトベンチはただの置物になってましたw

 

 

 

さっきアンロックしたmodはちゃんと選べるようになってますね。

 

 


ここでイモータルシンジケートについて軽く補足しておこうと思います。

既にお気づきだと思いますが、調査ボードでは中央上に黒幕がいて、

配下の4人が「Transportation(輸送)」「Fortification(輸送)」「Research(研究)」「Intervention(介入)」の4つの部門を担っています。

そして、それ以外のメンバーが各部門に所属しているのが分かります。

 

 

シンジケートメンバーは所属している部門の一員として出現します。

つまり、上のスクショでいうならRikerは輸送のエンカウンターにしか出現しません。

(見方を変えると、例えば輸送にばかりシンジケートメンバーを集めたら輸送のエンカウンターが発生する確率が高くなるのかも知れません。)

調査ボードの下の方にいるどこにも所属していないシンジケートメンバーはどの部門のエンカウンターにでも現れるっぽい?助っ人としてしか現れないかもしれません。(未確認)

 

 

後で気がついたのですが、調査ボードの右下にヘルプボタンがあって、そこからボードの見方が分かります。

 

 

Intelligenceを100%にしたらセーフハウスに行けることも書いてありますが、他にも、

高ランクのシンジケートメンバーは報酬が良くなるけど危険になる、

シンジケートメンバーの持つアイテムは特別な能力を持っていて、戦闘がより危険になる、

と書いてあります。

TrustやHateなどのシンジケートメンバー同士の関係性は選択肢が変わると書いてありますが、具体的に何が変わるのかはまだよく分かりません。

関係性によって助っ人として来てもらいやすくなるのか、来てもらった時に最後まで逃げずに戦うのか・・・とかかな?

 

つまり、リスキーだったり相手をするのが面倒なシンジケートメンバーは

「Interrogate(尋問)」を選んでランクを下げつつお手軽にIntelligenceを稼いでしまえば良さそうです。

尋問中は次の3エリアまではシンジケートメンバーとして出現することはないので、その点も好都合です。

 

 

 

また、シンジケートメンバーはアイテムを持つことがあるので

 

 

シンジケートメンバーのアイテムを破壊する選択肢を見つけたら、選んでおくと戦闘が楽になると思います。

 

 


Act1を進めている途中でShattering Steelがドロップしてくれました。

 

 

 

ちなみに、ScionでもちゃんとNessaさんから購入できます。

 

 

 

拾ったばかりですぐに使ってみましたが・・・うーん微妙?

 

 

予想通りショットガンしてくれたのですが、ダメージがあまり出ていないように感じました。

Ancestral CallのみをリンクさせたMolten Strikeの方がダメージ出てるのですぐに戻しましたw

序盤はリンクが貧弱なのでしょうがないですかねー。

Shattering Steel自体にはPierce効果が付いていないので範囲火力としても微妙かと思いましたが、

破裂した際にIce Shotのように範囲ダメージが発生するので多少はカバーできるようです。

 


Act2を歩いていたらビーストに遭遇しました。

 

 

 

ビーストと戦い始めるとEinharさんが颯爽と現れて加勢してくれました。

 

 

 

どうやらエリア内に複数のビーストがいるらしく、全部倒してこいみたいなクエストを受けてしまったので探しながら倒していきます。

赤ビーストもいました。

 

 

 

でもEinharさんの火力が凄まじく、赤ビーストもそれほど苦労しませんでした。

雑魚モンスターなら瞬殺してくれます!

 

 

 

で、一通り倒し終わるとEinharさんと話せるようになり、

 

 

 

さらに、街にいるEinharさんに話せば無事に動物園に入れ・・・

 

 

 

あっ

 

 

昨日は何回かサーバーから落とされる事がありましたね。

Chrisによると、どうやらDDoS攻撃を受け続けていたらしく、完全に対策できていなかった部分を突かれてしまったとのことです。

大事には至らなくて良かったです。

サーバー自体も前期のようなラグが発生していなかったので快適にプレイできてました。(経路が前期とは変わっているのでそれが理由かな?)

 

 

しばらくしたら、ログインできるようになったので動物園に行ってみました。

 

 

 

この迷子になりそうな動物園は久しぶりですねー。

 

 

 

Blood Altarも健在です。レシピはまだ全然集まっていませんが。

 

 

 

ちなみに、Einharさんがちゃんとダメージを受けていたので死ぬのかどうか切り刻んで確かめてみましたが、不死の力を得ているようでした。

 

 


Focusスキル効果のVeiled modを見つけました。

 

 

 

装備するとショートカットにFocusスキルを設定できます。

 

 

 

Focus発動中は頭上にアイコンが出てくるので分かりやすいですね。

 

 

 

Helenaさんを助けるところまでやって来ると、「Select Hideout」でHideoutのレイアウトを選べるようになりました。

 

 

 

旧レイアウトばかりかと思いきや、1つだけ見慣れないやつがあります。

 

 

 

EpilogueにあったTemplar Laboratoryが元のHideoutレイアウトですね。

物珍しさでとりあえずこれに切り替えてみました。

 

 


さらにAct2を進めていくと、クラフトレシピが道端に落ちていましたw

なんだか色んな場所に色んなレシピが点在していそうな雰囲気を感じます。

 

 

 

シンジケートの研究所に遭遇しました。

これもシンジケートメンバーと戦うやつの1種ですね。

 

 

シンジケートの活動で言うなら、「Research(研究)」です。

シンジケートの研究した証拠を、こちら側にバレないようにするために破壊しようとしています。

 

中に入ると画面下に破壊される前の証拠が並んでいるので、破壊される前にモンスター達を倒さなければなりません。

 

 

 

研究の証拠・・・大きいですね。何を作ろうとしていたのやら。

 

 

 

ここでCameriaというシンジケートメンバーに遭遇したのですが、Lifeリジェネがやたら高くて全然倒せそうにありません。

よく見てみたら、このモンスターはDevouringをしていました。

要するに近くの死体を消費してLifeリジェネを得ているような状態でした。

 

 

 

なので死体の無い場所へ連れてきたら難なく倒すことができました。

 

 

CameriaはResearchに出現する分には良いんですけれど、

Transportationみたいに雑魚モンスターが無限湧きするところに出現されると倒せそうにないので、

部門の所属を入れ替えるような選択肢は慎重に扱わなければならなさそうです。

 

 

 

あと、スクショは撮ってないのですがシンジケートの最後の活動は「Intervention(介入)」です。

これは普通に敵と戦っている最中や箱を開けたタイミングなどにシンジケートメンバーが出現します。

厄介なタイミングに介入されるとかなり危険ですねー。

 


Act3のThe SewersにHideoutへの入り口がありました。

新たに入手できるHideoutレイアウトってやつですね。

 

 

 

中に入ると、Helenaさんがいました。敵を全部倒してこいって言われます。

 

 

 

Hideout自体はそんなに広くないので敵を倒すのはあっという間でした。

 

 

 

そして新しいHideoutレイアウトをゲット!

下水レイアウトはそのうち使ってみたいですね。

 

 


Act3ではLancing Steelが手に入ります。

 

 

 

もちろんお試しで使ってみました。

最初に真ん中にProjectileを飛ばして、

 

 

 

遅れてキャラクターの左右からProjectileが飛んでいきます。

事前に公開されていた動画の通りですね。

 

 

軽く使ってみた感じとしては、Lancing Steelの方がShattering Steelよりも扱いやすそうでした。

と言っても、Lancing Steel単体だと敵に当たってProjectileが消えてしまうので範囲殲滅力があまり良くありません。

Pierceをリンクさせたらかなり改善されました。

画面外に届くくらい射程が長いので、Melee武器で弓ビルドをやっているような感覚に近いです。

威力もそこそこ出ます。

やはり1本目のProjectileに100%Impaleが付いているのは大きいのかもしれません。

Herald of Purityを併用しているのですが、ミニオンの攻撃によってImpaleのダメージが発動するのも良い感触でした。

 


Actを進めていたら、いつの間にかセーフハウスへ行けるようになっていました。

 

 

セーフハウスの主はあのVaganさんです!

キリの良いところまで進めたら向かってみよう思います。

 

 

そして、シンジケートメンバーに遭遇。

随分と狭い場所に要塞を建てたなーなんて思っていたら、

 

 

 

地面からニョキニョキって何かが出てきて瞬殺されましたw

このシンジケートメンバー強くない!?

 

 

 

なんとか倒したらUniqueを落としてくれるみたいです。

 

 

 

・・・。

 

 


というわけで、Act4に到着しました。

 

 

 

キリが良くなったのでセーフハウスに行ってみようと思ったら・・・

 

 

セーフハウスへ行けなくなってる・・・行ける時に行っておきましょうという教訓を得ました。

 

しょうがないのでVollさんを倒しに行きます。

Sentinel of Purityに壁役をやらせながら、ほぼオフスクリーンで楽々倒せました。

 

 

 

Mineの入り口にはNikoさんが居ました。

 

 

ここからVoltaxic Sulphiteの採掘も加わる感じですね。

 

そうそう、The Crystal VeinsにもHideoutがありましたよー。

 

 

 

そろそろこのあたりでAct4のボス連戦に備えて防御面を補いたいな、と思っていたら、

クラフトベンチのLifeクラフトが格安になったという情報を聞きつけてクラフトしにやってきました。

 

 

確かにお安い!いろんな箇所にクラフトしちゃいました。

Act中からクラフトできるのって楽しくて良いですねー。

 

既にmodが付いているアイテムはいちいち消さなくても、Scouringも一緒に要求してくれるようになったのも嬉しい点です。

 

 

 

Lifeも結構増えたし、Delveにも行けるんじゃない?

と思って来てみたら、こんなところにもレシピがありましたw

 

 

 

なお、Daresso戦は完全にオフスクリーンの戦いでした。

 

 

Lifeを増やした意味を見失いかけました。

 

 

そうこうしていたら、お目当てにしていたGMPを貰えるタイミングがやってきました。

 

 

簡単に比較してみましょう。

 

まずはLancing Steelから。

GMPなしだとこれくらいの幅です。

 

 

この状態だと単体のモンスター相手には3Hitしてくれるところまでは確認しました。

ただし、敵が近くにいるときにネームロックしてしまうとProjectileが扇状に広がって1Hitしかしなくなるので、カーソルを遠くに置く必要があります。

 

それと、こういった小さなモンスターには2Hitまでしかしないみたいでした。

 

 

 

GMPを付けるとこれくらいに広がります。

 

 

あくまでProjectileが横に追加されて幅が広がるだけなので、

パック処理は効率良くなるかもしれませんが、単体相手へのHit数は増えませんでした。

つまり、Lancing SteelはProjectileを増やす恩恵は薄いと感じました。(最初から4 additional Projectilesが付いていますし。)

 

 

次はShattering Steelです。

GMPなしだとこんな感じです。

エフェクトが暗めなので見づらいのですが、3つのProjectileが破裂して破片になったタイミングのスクショです。

 

 

 

GMPありだとこんな感じです。

もともと3本あったProjectilesの間に1本ずつと、左端と右端にさらに1本ずつProjectileが追加されました。

 

 

思っていたよりも射出の中心角が広がらなかったので、試しにPierceを外した状態で隣接する敵に攻撃してみました。

 

 

全段Hitしてますね。

あと、1Projectileだけすり抜けることが時々あるので、Projectile1本ずつにHit判定が発生していそうです。

全段Hitさせられる前提なら、Lv20GMPによるダメージ上昇は72% more Damage相当になってくれます。

でも、やっぱり隣接しなければいけませんし、Projectile SpeedによってProjectileの飛距離も伸びないので扱いやすくはなさそうです。

 


色々と検証しながら進めていたら、Act5に突入しました。

 

 

日記も長くなってきたので、今日はこの辺でおしまいです。

今リーグはリーグ要素に触れる機会がActの段階から頻繁にあるので、なかなか前に進みませんw


[PoEプレイ日記] Betrayal SC 1” への3件のコメント

  1. 今リーグ色々要素詰まってて遊び尽くせるのか不安になってしまうレベル

コメントはこちらから