[PoEプレイ日記] Delve 1

PoE秋の陣、開幕です!

 

今回のリーグはソフトコアのみで遊ぶことになりそうです。

いつも通りチャレンジをメインで進めていこうと考えています。

 

パッチ3.4.0でパッシブツリーの変更と新スキルの追加があって、

目新しさで言えばMelee/MinionのハイブリッドビルドやChaosダメージの弓ビルドが真っ先に思い浮かびましたが、

どちらも食指が動かなかったので、前リーグで遊べなかったBlade Vortexビルドで遊んでみることにしました。

 

 

アセンダンシーはOccultistにしてLow Lifeを目指そうかなと考えていますが、

Azurite鉱山の奥にChaosダメージを与えてくるモンスターが多いようならCIへ切り替えることになりそうです。

一応、Blade Vortex/Minionのハイブリッドビルドも考えてみましたが、

色々と中途半端になりそうだったので断念して、普通にCrit型のBlade Vortexを目指します。

また、今回はレベリングが目的ではないので、OccultistではあるもののCurseを軸に持ってくるつもりはありません。

 

では、さっそく旅に出発しましょう。

Lioneye’s Watchを出るとNikoさんが待ち構えていました。

 

 

この流れは何か貰えると思ったのですが、話しかけても何も貰えず・・・。

 

少し進むとVoltaxic Sulphiteがありました。

 

 

 

クリックしたタイミングでVoltaxic Sulphiteは即座に獲得できました。

ついでに、ポータルが開いてNikoさんが回収しにきます。

 

 

絵面的に「Haha!(以下略)」とか言い出す彼の記憶が蘇りそうになりました。

 

とりあえず、Nikoさんに話しかけるとEncampmentに行けるようです。

 

 

 

Encampmentはこんな感じでした。

Azurite鉱山へ行くためのベースキャンプみたいなものですね。

Nikoさんにアイテム売却ができますし、Stashも配備されているので不便はなさそうです。

 

 

 

ちなみに、Nikoさんが売っているアイテムはソケット数が1~3個のResonatorでした。

 

 

 

Encampmentへ行くとワールドマップからも選択できるようになってました。

 

 

 

早速Azurite鉱山へ探検に行こうと思いましたが、Crawlerの燃料となるVoltaxic Sulphiteが全然足りなさそうなのでActを進めにいきます。

 


Blade Vortexが手に入るまでは、Freezing Pulseで進めることにしました。

リンクは、Freezing Pulse – Volley – Added Lightningという具合です。

パッチ3.3.0でFreezing Pulseに変更が入って以来、初めての使用でしたが扱いやすくなったと思います。

特に遠くの敵にダメージが入りやすいのが体感で分かりました。

Volleyと組み合わせるとファームスキルとしてかなり使いやすくなるのでオススメです。

 

 

 

そうこうしているうちに、ゲージいっぱいまで燃料が貯まりました。

 

 

 

今度こそ出発です。

 

 

Crawlerをクリックすると、こんな感じでDelveのマップが表示されます。

Vキーがショートカットになっていました。

 

 

 

最初は経路が1つしかなかったので、とりあえず進めていきます。

 

 

 

目的地に到着するとこんな表示がありました。

 

 

 

クリックすると辺りが青く光り始めて、敵がワラワラ湧いてきます。

 

 

 

最後まで倒すとAzuriteがドロップしました。

Azuriteは近くに寄るだけで自動的に拾ってくれるみたいです。

 

 

 

お次は道が左右に分かれているので、適当に選んで・・・

 

 

 

今度の目的地には武器の入った箱がありました。

 

 

・・・って、やっぱり先に開けるのはダメなんですね。

 

 

今回も敵がワラワラ湧いてきましたが、Uniqueモンスターも混じってました。

まだ序盤だったおかげか特に難なく倒せました。

ドロップはお察しください。

 

 

 

Delveマップ上で開拓済み地点に隣接する地点になら、どこへでもCrawlerを進めていけるようです。

その際、現在Crawlerがいる地点と出発地点が離れているならローディングが発生して、Crawlerとプレイヤーが一緒にワープ移動させられました。

この時には「Start Delve」が出現しています。

再びDelveマップを開いて、進みたい地点を指定して・・・なんて手間をしなくて良いためでしょう。

円形のエリアに乗るだけですぐに始まります。

 

 

 

しばらく探索を続けたら燃料が尽きてしまいました。

少しAzuriteを入手できたのでアップグレードしてみましょう。

何をアップグレードすれば良いのかよく分からなかったので、とりあえずVoltaxic Sulphiteの所持量を増やしておきます。

1回のアップグレードで結構増えてくれました。

 

 

 

この時はこの状態まで開拓してActを進めることにしたのですが、

 

 

 

しばらくすると、こんな具合に初期地点から真下方向に掘り進められていました。

 

 

Delveマップは、下方向に進むとモンスターレベルが上昇しますが左右方向は変わらないみたいです。

キャラクターレベル-5前後の地点まで自動的に掘り進められているようでした。

恐らく、低レベル帯のDelveをわざわざしなくてよくするための救済なのでしょう。

 


Act2へ入った頃には攻撃手段をBlade Vortexへと切り替えて、お試しでHerald of Purityを使ってみました。

 

 

 

Sentinel of Purityの維持はとても楽な印象です。

Blade Vortexは敵に近接するリスクを負わなければならないので、

敵のターゲットを分散できるミニオンの存在は意外と役に立ってくれました。

 

 

 

Azurite鉱山に入り浸るとマップ入りがとても遅くなってしまいそうに感じていたので、しばらくActに専念するつもりでしたが、

フレンドが「カレンシー美味しい」と言っていたのでちょっとだけ寄り道してみます。

タイミングよく近くにCurrency地点がありました。

 

 

 

目的地に着くと、リッチになれそうな箱が3つありました。

 

 

 

ひと通り殲滅すると、序盤なのに結構な数のカレンシーがドロップしてくれました。

 

 

Chaosが2個出てくれましたが、なによりScroll of Wisdomの20個セットがドロップしてくれたので助かりました。

 

 

そういえば、Azuriteが獲得できる地点には「Ⅰ」とか「Ⅱ」みたいにTierっぽいのが書かれています。

 

 

 

Tier2のAzurite地点なら何か良いものが手に入るかも!?

ってことで向かってみましょう。

 

 

 

Tier1の時よりも明らかに沢山のモンスターが湧いたのはハッキリと分かりましたが、特に美味しいものはドロップしませんでした。

きっとAzuriteが多めにドロップしてくれたのでしょう。(推測)

 

 


寄り道も終わったので、再びActを進めていると美味しそうな箱が。

育成装備ください。

 

 

 

うーん微妙・・・

 

 

 

と思っていたら、Act4 Aqueductの鳥さんがWanderlustを落としてくれました。

 

 

ここまで移動速度のついていない靴を使い続けていたのでかなり快適になりました。

 

 

パッシブツリーはとりあえずBlade Vortexに必要なDexを確保すべくShadow方面に伸ばしました。

 

 

そんなわけで、Act4に着いたところで今日はおしまいです。


[PoEプレイ日記] Delve 1” への2件のコメント

  1. 探検たのちぃぃぃぃぃぃ!! まだまだ洞窟には秘密がありそうですねっ…..

コメントはこちらから