[PoEプレイ日記] Delve 2

Act4の続きからサクサク進めていきましょう。

 

Blade Vortexは前リーグで人気があっただけあって強いですね!

まだ3L運用なのですが、10スタック溜められばボスモンスターもあっという間に倒せます。

 

 

特にCast Speedを稼がなくても最大スタックまで溜められるのも強いポイントなのでしょう。

Malachaiも一瞬で倒せました。

 

 

 

ちなみに、10スタック時のDPSは7.5kくらいでした。

 

 


Act5に入っても、相変わらずDelveマップは勝手に下方向へ掘り進んでいるようです。

ここまでくると、一体どこまで掘り進んでくれるのか気になってきました。

 

 

 

InnocenceはSentinel of Purityをデコイにしながらなんとか倒せました。

やはり攻撃射程が短いためこちらの立ち位置を制限されることが多く、少しでも油断すると即死しそうなのが怖いところです。

 

 

 

Act5 KitavaはX Blastさえ避ければ問題ないので困りませんでした。

 

 


Act 6に到着した時点でレジストが不足してしまいました。

 

 

たまたまFireレジストが高めだったので、とりあえずそのまま進めていきます。

パッチノートに書かれていたようにAct6の序盤は大分易しくなったように感じます。

Scorching Ray Totemを置かれる頻度がかなり下がってました。

 

 

レジストを補うために装備を入れ替えたこのタイミングからBlade Vortexを4Lで使い始めました。

Increased Durationをリンクさせて楽をしたかったのですが、色合わせできるほどのChromがなかったのでPower Charge on Criticalを用いることにしました。

アセンダンシーも何も習得していませんが、意外とPower Chargeを維持できます。

 

The Lower Prisonに着いた辺りから本当はLightningレジストを上げないといけなかったのですが、

ソフトコアで遊んでいるってこともあって、何もせずそのままAct6ボスまで突撃しました!(何回も何回か床ペロしました。)

 

 

 

そのままの勢いでAct7もクリアしました。

Act攻略用にDecoy Totemを最速で手に入れる予定だったのですがすっかり忘れていて、ようやく使い始めました。

 

 

 

Act8真ボスのDoedre戦までやってきました。

この時点でレベルは55でした。

 

 

 

DPSは20kくらい出るっぽいので余裕なはず・・・!

 

 

 

予想通り、バルブを1回まわす間に倒せました。

今までで一番楽だったかもしれません。

 

 

 

進めている途中でインスタントスキルになったPhase Runを拾ったので試しに使ってみました。

スタックさせたBlade Vortexがダメージを出してもPhasingが解除されないのでなかなか使えます!

 

 

というより、位置取りが重要なのでBlade VortexとPhasingの相性が良いだけかもしれません。

そのうち、Quartzフラスコを持ってみようかなと思いました。

 

 

SolarisとLunaris戦はDecoyを置くだけだったので割愛。

 


そんなこんなでBlood Aqueductに到着しました。

いつも通り、しばらくここでレベリングといきましょう。

 

 

 

ここでレベルを上げている間も、Delveマップは順調に掘り進んでいました。

 

 

 

ふとアップグレード画面を見てみると、Crawlerのアップグレードに必要なAzuriteの量が以前に確認した時よりも減っているような・・・。

到達した階層と比較して、アップグレードが遅れている場合には必要量が減らされるのかもしれません。

 

 

・・・ってことは、Delveはやっぱり後回しで良いんじゃないの?

と思ったので、しばらくDelveにはノータッチでいこうと思います。

 

 

そんな事を考えていたら、Labyrinthに行くタイミングがやってきました。

今リーグはフレンドも遊ぶみたいだったのでLabyrinthくらいはペースを合わせようかなと思ったのが、ここまでアセンダンシーを習得しなかった理由です。

ちょうどいい具合に、新機能のダウンスケーリングとやらに触れることができました。

 

 

 

ようやくOccultistになれました。

既にPower Chargeを活用しながらファームをしていたので、最初に習得するアセンダンシーノードはForbidden Powerにしました。

 

 

 

DPSも45kくらい出るようになってくれました。

 

 

 

ちなみに、Blood Aqueductでは120mExp/hくらい出てました。

 

 

 

Blood Aqueductでいくつまでレベリングするかは悩みどころです。

Tabulaカードを集めたい気持ちはあるものの、1stキャラでAtlasを全く開拓できていないので、レベル70に到達したタイミングで進めてしまうことにしました。

 

 

結局、Tabulaカードは3枚しか拾えませんでした。_(:3」∠)_

 


立ち位置に気をつけつつ、Act9ボスもサクサク突破して、

 

 

 

Act10 Kitava戦の直前まで進めました。

 

 

 

そして、いつも通りPantheonのMinor Godからスキルポイントを回収しに行きます。

 

 

 

再びフレンドと2回目のLabyrinthを攻略するタイミングにもなりました。

 

 

そういえば、今リーグで追加された新スキルの中ではToxic Rainが優秀らしいですね。

フレンドの1人は、弓のTornado ShotとBarrageでPoisonをスタックさせるAssassinビルドを目指していたのですが、

「Toxic Rainが強いらしいよ」と伝えて試しに使ってみてもらうと、すぐに気に入った様子でした。

Toxic Rainはスキルの表記上はとても弱く見えるのですが、傍から見ていても火力が出ているように見えます。

本人曰く、Tornado Shotよりダメージが出るらしいです。

試しにPvPで調べてみたところ、矢の着弾とSpore Podの爆破はほとんどダメージがなく、Spore PodのDoTがダメージの大部分を占めていました。(ひょっとしたら、PvPの仕様によるものかもしれません。)

しかも、DoTはオーバラップしていたのでダメージを伸ばしやすいようです。

そんなわけで、フレンドはPoisonとCritを捨ててDoTを強化する方向へとビルド方針を変えてました。

AssassinからTricksterに転職し、パッシブツリーも修正して、GMPやIncreased Durationをリンクさせて使っているそうです。

私自身のビルドではないので、これ以上細かい事を書くのは控えておきます。

個人的には最終的にUber Elderを楽に倒せるくらいのダメージが出るのかが気になるところですが・・・焦らずにフレンドの将来を見守っていこうと思います。

 

 

話を戻して、2回目のアセンダンシーポイントはProfane Bloomを習得しました。

ES型になるのはしばらく後なので、Wicked Ward(右下)方面へ向かうのは遅くても大丈夫でしょう。

 

 

Profane Bloomを習得したので、Herald of Ash+Herald of Purity+Clarityの構成から、Hatred+Warlord’s Markオーラの構成へと変更しました。

 

特にすることもなくなった準備が整ったので、Act10 Kitava戦へと向かいます。

火力は圧倒的なので、Kitavaの心臓の周囲に出現するUniqueモンスターもまとめてゴリゴリ削っていけました。

 

 

 

長かったAct区間もようやく終わりを迎えました。

 

 

 

そして、無計画にKitavaを倒したせいでレジストが大変なことになってしまうのであったまる

 


[PoEプレイ日記] Delve 2” への2件のコメント

  1. Toxic RainはQuillrain担いでpoisonスタック数で伸ばすのも流行っているようですよ

    1. そうなんですね!色々と試行錯誤できる余地のあるスキルみたいで羨ましいです。

コメントはこちらから