[PoEプレイ日記] Synthesis SC 10

DelveでレアFossil地点を見つけたので寄り道してみました。

 

 

石化させてくるユニークモンスターがいて、危うく死にかけましたw

 

 

なんとか切り抜けて戦利品をゲットです。

やっぱりDelveは美味しい。

 

 


裏で育てておいた6個のSoulrendがLv20/Q20%になったのでVaalチャレンジです。

 

 

 

Baneに続いて1周でLv21になってくれました。

今リーグはVaal運が安定しているように感じます。

 

 

 

ついでにilvl86の盾を買ってきて、Fossilでクラフトしてみました。

350ESが目標だったのですがちょっと足りず・・・。

 

 

PerfectでQ30にして、Denseのみでクラフトしました。

レジストが欲しかったのでPrismaticも入れようか悩みましたが、余計なmodが付きやすくなってしまいESの期待値が下がりそうだったので止めときました。

 


メモリーボスを見つけては倒し・・・を繰り返して、ようやくRewrittenのボスが出てきてくれました。

 

 

道中はAct10のThe Desecrated Chambersのようなレイアウトでした。

 

 

ここのボスはロボットみたいなやつでした。

ちなみに、パッチ前なのでマップmodなしです。

 

 


ロード画面がなかなか終わらない・・・PS4かな? なんて思ってたら既にマップの中にいました。

 

 

キャラセレ画面まで戻って再度入った時には直りましたが、今期は本当によくバグに遭遇しますw

 

 

バグにも負けずマップ周回した結果、赤Elderが湧いてくれました。

 

 

赤マップ帯って右上、右下、左上、左下の4つのエリアに分かれていて、エリア同士は1本の接続線でしか繋がっていませんよね。(上のスクショの緑円のところ)

赤マップ帯のみが含まれるようにElder領域を広げていたら、この1本だけの箇所でElder領域がちぎれてしまう事が多かったです。

そこで、黄色マップ帯も経由させてElder領域を伸ばしてみたら上手くいきました。

 

そんなわけで、サクサクっと赤Elderを倒してメモリーフラグメントを全回収できました。

 

 

Bane主体だとNull Portalにカースが入らない都合上相性が悪いのですが、Null Portalから出てくるモンスターの処理は広範囲に素早く行えるため、Shaperを守るのは楽な方だったと思います。

 

ちなみに、Watcher’s Eyeがドロップしてくれたのですが見事にゴミでしたw

 

 


3.6.3パッチが当たりましたねー。

パッチは金曜日に当たるとGGGが言っていたので、木曜日まではMemory Modifierを重ね続けて最後に一気に消化してしまおうと企んでいたのですが、木曜日に前倒しになったせいで大惨事です。

沢山のメモリーに重ねていた20個くらいMemory Modifierが5個まで減らされちゃいましたw

 

 

上限数の5個までMemory Modifierが付いていると、メモリー下部の数字のところにMemory Modifierのマークが表示されるようです。

 

Memory Modifierの効果自体は、確かにパッチによって確率などの数値が上がっていました。

アイテムがCorruptされるケースも増えて、良アイテムがCorruptされてドロップしないかひやひやしますが、

 

 

 

6Lがドロップしてくれることを考えるとプラスですよね。

 

 

 

軽く周った感じでは、Quality系カレンシーがドロップする効果が美味しそうでした。

定期的に回れればChiselを買う必要がなくなりそうなほどです。

 

 

逆にパッチ前までは美味しかったSplinterドロップの効果は、1個ずつしかドロップしないようになっていて不味くなったように感じました。

でも、全体で見れば美味しくなりましたねー。(マップもドロップしやすくなりましたし。)

 

 

Memory Modifierの装置に触れると、画面下にどんな効果が付くのかが表示されて、

 

 

メモリーを選択すると、その選択したメモリーを中心として十字型の配置場所にある全メモリーにMemory Modifierの効果が追加されるようです。

 

 

ちなみに、何もないマスを選択しようとしたらダメでしたw

ということは、十字型のメモリーの重要度が上がったと言えるかもしれません。

 

 

そういえば、メモリーを選択するとキュー(画面右のストック)に戻せて、その後再配置することもできるようになりましたが、

 

 

これをすると、乗っていたMemory Modifierが消えてしまいます。

 

 

 

なので、移動させたい場所の手前のメモリースタビライザーに触れた時に直接メモリーを移動させてくるのが良さそうです。

 

 

この方法だとMemory Modifierが乗ったままなのでお得ですしキューの枠を潰すこともありません。

 

 

 

メモリースタビライザーに触れた時には、配置・移動させられるメモリーが緑色で示されるので便利そうに思いきや、

 

 

キューに一度戻す方法とは異なり、ゲーム内で配置計画を事前に組んでおけないため、

あらかじめ頭の中で、どの順で配置させて移動させて・・・というのを考えておかなければならず、

パズルっぽさが残っていて面白いような面倒なような不思議な感覚です。


[PoEプレイ日記] Synthesis SC 10” への3件のコメント

  1. メモリキューの節約tipsとして、報酬島への道中に使わないメモリーをとりあえず配置しておくとかできますね
    後で使うときはそのまま移動させればいいですし、modも載ってませんから邪魔なときは気軽にキューに戻せます

    1. とりあえず配置だけしておくってのも良さそうですね!
      メモリーを配置するほどMemory Modifierを効率的に乗せやすくなるという観点からも良さそうです。

コメントはこちらから