[PoE] Flame Totem Rework

PoE公式にてFlame Totemのリワークがアナウンスされました。

 

 


意訳

 

3.6.0拡張で多くのスキルを再バランス調整している一方で、既存の2つのスキルに完全なリワークを行ってもいます。

このスキルの1つはFlame Totemです。

Flame TotemはConsecrated Groundと作用する新しいメカニクスと、Divineの能力とマッチする新しいヴィジュアルエフェクトを持つDivineテーマのスキルへと作り変えられました。

 

 

Projectileのスピードとダメージが再バランス調整されたのに加えて、Flame Totemの火のProjectileは半分がFireへと変換されるPhysicalダメージを発生するようになります。

スキルツリーのTemplarエリアへ新しいパッシブの追加によって、Physical変換の新しいシナジーが広がることでしょう。

 

Flame Totemがアクティブの間、Flame Totemの周囲にConsecrated Groundが生成されます。

Flame Totemの特別なConsecrated Groundは、その中に居る間はカースに対する無敵耐性をあなたと味方に与えます。

 

Consecrated Ground自身も変更されています。

あなたと味方にLifeリジェネを与えるのに加えて、Consecrated Ground内の敵に対するHitではincreased critical strike chanceを得ます。

これは、設置したFlame Totemの近くにいる敵へのFlame Totemのクリティカル率とあなたの他のスキルにメリットがあります。


[PoE] Flame Totem Rework” への4件のコメント

  1. これCGの中の敵の被crit率上昇って自身のincreased crit chance単純に上げるのと違って自身の最終値に掛算する感じなんですかね?文章見る限りわからないけど

    1. 「increased critical strike chance」が発生するだけだと思います。
      まだ最終決定はされていないでしょうし、3.5.0で実装されたBrittleのように最終値に加算される仕様になるかもしれませんね。

名も無きExile にコメントする コメントをキャンセル