[PoE] 新ユニークのThe Devouring Diadem

Redditにて新ユニークのThe Devouring Diademとパッチノートが2点公開されました。

 

Reddit原文

 


 

 

The Devouring Diademの特徴的なところは

  • ソケットしたスキルのManaリザーブが20%減る。
  • スキルを使用した時に10%の確率でES Rechargeが始まる。

という2点でしょうか。

ただし、Eldritch Batteryも付いてくるのが注意点ですね。

ESがManaの方へ移ってしまうためLife型ビルドで採用されることになるとは思いますが、

Life modが付いていないのはやや扱いづらい点になりそうです。(Veiled mod枠でカバーできそう?)

 

そして、パッチノートとされている黄文字も注目ですね。

  • ダメージ以外によってLifeやEnergy Shieldが変化してもEnergy Shield Rechargeは中断されなくなります。
    Eldrith Batteryによってスキルの使用にEnergy Shieldを消費するといった時です。
  • Eldrith Batteryは「50% less Energy Shield Recharge Rate」を持つようになります。

 

ES Rechargeの仕様変更によってEldrith Batteryの使い勝手が大きく変わりそうです。

この変更も含めると、

「The Devouring Diademによって多めにオーラやカースを張って限界までManaリザーブして、ES Rechargeを頻発させてESをManaの代わりにしながら安定してスキルを使っていく。」

というビルド設計ができるようになる・・・のかな?

そいうえば、Eldrith Batteryは習得しづらい位置にあるため、パッシブポイントを節約できる点も大事かもしれません。

 

 

(追記)

ちょっとだけ計算してみました。

The Devouring Diademを被って、Life modの付いたVaal Regalia、Sorcerer Gloves、Sorcerer Bootsを着るとします。

スペル運用を前提とするとIntは200くらい稼ぐことになり、この時点でES量は1000を越えます。

ES Rechargeは初期状態だと最大ESの20%/secの速度で回復しますが、Eldrith Batteryにより10%/secまで下がります。

つまり、ES Rechargeが発動している間は100ES強/secくらいの回復量となります。

昨今のスペルはMana消費が200Mana弱/secぐらいまで膨れ上がることがよくあるため少し足りなさそうです。

Rechargeが発動していないタイミングも存在し得る点もお忘れなく。(最大で8秒毎に2秒間かな?ちょっと不確かです。)

少しだけES関連のノードにパッシブポイントを振るなり、装備品でもう少しESを確保しないと実用に耐えられないかもしれませんね。

よって、Life/Mana型やMoM型のビルドと比べると防御面は少し劣ってしまいそうです。(Manaリザーブの優位性を使ってなんとかしろって感じですかねー。)


[PoE] 新ユニークのThe Devouring Diadem” への1件のコメント

  1. esリチャージが始まる効果がtriのghostdanceの加速を意図的に発動できるから面白そうですね
    ただ一番使いたいフレームサージとかでは使えないんだよなあ…helmだから…

コメントはこちらから