[PoE] Malevolence, Zealotry and Aura Changes

PoE公式にて新オーラのMalevolenceとZealotryが公開されました。

 

 


意訳

 

Synthesisリーグと共に、我々は数多くの新しいダメージスペルとそれに対して有用な2つの新しいオーラを導入するつもりです。

このオーラはZealotryとMalevolenceと呼ばれます。

また、既存のオーラに対しても僅かに調整を行いました。

 

Zealotryは新たなHolyテーマのオーラであり、more spell damage、少しのspell critical chance増加、レアかユニークの敵にHitさせた時に確率でConsecrated Groundを生成します。

Consecrated Groundがその中にいる敵に対してクリティカルヒットしやすくなることもあって、さらにcritical chanceを増加させられることになります。

このオーラは改善されたInquisitorアセンダンシーと上手く機能します。

Inquisitorは、Consecrated Groundのゾーンから離れた自身・味方・敵がConsecrated Groundの効果を数秒間適用し続けられるといった新しい効果をいくつか持ちます。

 

Malevolenceは新たなArcaneテーマのオーラであり、more damage over time、少しのskill effect durationを与えてくれます。

新しいSoulrendスペルのようなChaosスキルと最も上手く機能してくれますが、Scorching Ray、IgniteやPoisonのようなdamage ailment、Arctic BreathのようなCold DoTといった全てのdamage over time効果にダメージボーナスを与えることもできます。

 

 

また、我々はAngerとHatredへ調整をいくつか行っています。

Angerによるダメージボーナスは大幅に増加し、Wrathと同程度のadded damageを手に入れました。

Hatredはmore Cold Damageを与えるようになり、全てのColdスキルに対して大きなプラスになりますが、埋め合わせとしてphysical damage as extra cold damageが減少しました。

 


動画内ではZealotryとMalevolenceのリザーブ量は共に50%っぽいですねー。


[PoE] Malevolence, Zealotry and Aura Changes” への1件のコメント

コメントはこちらから