[PoE Buildガイド] Spectral Shield Throw Deadeye

2018年3月中旬頃まで、PoE3.2 Bestiaryリーグで遊んでいたビルドの紹介です。

 

 

 


1.ビルド概要

 

PoE3.2で導入された新スキルSpectral Shield Throw(以下、SST)を使うビルドです。

当ビルドは単体火力寄りに組んでいますが、SSTの特性を活かすならファーム寄りにカスタマイズした方が良いでしょう。

詳しくはガイドの最後にある「12.最後にSSTビルドを遊んでみての感想」をご覧ください。

 

良い点

  • 低予算でもそこそこ強くなれます。
  • マップクリアスピードが速めな方です。
  • No Regen マップmodを周回できます。
  • Shaperや赤Elderくらいまでなら倒せます。

 

悪い点

  • 単体火力を得られる装備は高価なものが多いです。
  • 1体でポツンと居る敵に攻撃を当てづらいです。
  • Elemental反射 マップmodは周回できません。
  • Uber Elderを倒せるかは不明です。

 


2.ビルドコンセプト

 

  • Spectral Throwが好きだったので、パッチ3.2.0より追加されたSSTで遊んでみたい。
  • アセンダンシークラスのDeadeyeが刷新されたので遊んでみたい。

という軽い気持ちで始めたのがきっかけです。

強さや特定の目的のためにビルドを組んだわけではないため、一部のエンドコンテンツを攻略するには力不足かもしれません。

どちらかと言えば、盾投げで遊んでみたいだけな人向けのビルドです。

 

 

SSTについて

 

SSTは、盾の能力値を参照して攻撃性能を得るというユニークなスキルです。

 

 

盾のArmour値とEvasion値からはPhysicalダメージを得て、

Energy Shield値からはベースのCritical Chanceを得ます。

他のSSTに関する仕様については、「Skill Reveal – Spectral Shield Throw」という公式アナウンスを訳した記事があるのでそちらをご覧ください。

 

 

当ビルドでは、Armour値あるいはEvasion値が高い盾を持つことでPhysicalダメージを確保し、

Coldダメージへのダメージ変換を行うことで更にダメージを伸ばしていきます。

 


3.プレイスタイル

 

一般的なMeleeビルドと似たような動きになります。

Shield Chargeで移動して、SSTで殲滅というシンプルなものです。

強いボスモンスターを相手にする時は、Decoy Totemを囮にして遠くから安全に攻撃することも可能です。

 

以下に育成途中のプレイ動画へのリンクを貼っておきます。

T8 – Shore

The Eradicator(Yellow Tier)

The Elder(Yellow Tier)

 


4.DPS

 

vs Shaper

 

 


5.必須アイテム

 

とにかくArmourかEvasionの高いRare盾

 

 

SSTは、盾のArmour値やEvasion値によって大きく火力が変わってくるので、なるべく値が高いものを装備したいところです。

とは言え、上を目指せばキリがないので、ひとまずLioneye’s RemorseMagna Eclipsisのどちらかを目指すと良いでしょう。

 

 

 

 

Shaper武器

 

 

SSTの威力へは、武器自体のDPSは影響を与えません。

Shaper武器に付く「Gain ##% of Physical Damage as Extra Cold Damage」系のmodが2つ付いたアイテムはSSTの威力を大きく後押ししてくれます。

あるいは、下で紹介する私が使っているようなShaper武器でも構いません。

手に入れるまでは、少しだけ強さの劣るEwar’s Mirageを使っておくと良いでしょう。

 

 

序盤から使えるので長いことお世話になると思います。

 

 

ダメージ変換に必要なアイテム。

 

 

HrimsorrowWinter SpiritノードによってColdダメージへ90%変換します。

HrimburnへとFated化する必要は特にありません。

 


6.その他アイテム

 

Rare防具

 

各部位では、基本的にLifeと各レジストを稼げるものを選びましょう。

 

Amulet、Ring、BeltにはLifeとレジストに加えて「increased Elemental Damage with Attack Skills」のmodが付いたものを選びましょう。

SSTの攻撃速度は遅いため、「Adds ~ Physical Damage to Attacks」や「Adds ~ Cold Damage to Attacks」などのmodはあまり火力が伸びません。

AmuletのCrit Multiのmodも良い選択だと思います。

また、最終的にはShaper Ringの「Curse Enemies with Level # Assassin’s Mark on Hit」や、

Shaper/Elder Amuletの「Gain #% of Physical Damage as Extra Cold Damage」系を活用した方が強くなります。

 

頭装備に関してはRare品でも良いのですが、Lifeと火力面を伸ばせるStarkonja’s Headが良さそうです。

あるいは、Devoto’s Devotionや火力のみを目指してRat’s Nestという選択肢もあります。

 

胴体装備に関してもRare品でも良いのですが、

火力を伸ばせるLoreweaveや防御面を伸ばせるBelly of the BeastEssenceクラフト品があります。

 

 

ジュエル

 

modの優先順位を書いておきます。

  1. increased Maximum Life
  2. Critical Strike Multiplier系
  3. increased Attack Speed系
  4. increased Damage系

この中から最低3modを持つものを使用しましょう。

 

ちなみにジュエルは、Watcher’s Eyeの「+#.##% to Critical Strike Chance while affected by Hatred」がとても有用なのですが、

非常に高価なので入手は最後にした方が良いでしょう。

 

 

フラスコ

 

がベストかなと思います。

Shield Chargeで高速移動ができるので、Quicksilver Flaskは不要です。

“Immune to Curse”、”Immunity to Bleeding”、”Immunity to Freeze”の効果を付ける必要があります。

 


7.使用アイテム例

 

実際に私が使用しているアイテムを貼っておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


8.パッシブツリー

 

Lv93時点でLife量はこれくらいです。

 

 

BanditはAliraをヘルプしましょう。
Manaリジェネ、Crit Multi、Elementalレジストと欲しいものを全て貰えます。

 

パッシブツリー

Path of Building用のImportData

 

 

アセンダンシークラス

Deadeyeを選びます。

 

 

Far Shot & Ricochet (左上方面)

SSTは、Pierce、Fork、Chainのどれでも良いのですが、何かしらの効果がないと範囲殲滅力が低いです。

アセンダンシー能力でChainを得られるようにして補います。

 

道中に習得するFar Shot自体はこのビルドにとって必須というわけではないので、

+1 Chainのためにアセンダンシーポイントを4つも消費するのは、無駄が多いのではないかと最後まで悩んでいました。

(もちろん、Projectile Speed上昇による使い勝手の向上は大きいです。)

 

私の方では試す時間がなかったのですが、

Far ShotとRicochetの代わりに、Powerful Precision(左下方面)とRupture(上方面)を習得するという案がありました。

Pierceによって範囲殲滅力が十分に確保できれば、この方が単体へのDPSが10%以上も伸びる形となります。

 

Gathering Winds (左上方面)

攻撃すればするほど攻撃速度が早くなっている・・・気がして楽しい!

楽しいは大事!

 

Fast and Deadly (左方面) ※オススメ

Accuracyを装備で補わなくても、パッシブツリーで獲得するDexとこのノードを習得するだけで十分な命中率を確保できます。

装備できるアイテムの幅が広がるのでオススメです。

 


9.Pantheon

 

お好みに合わせて好きなものを選んでください。

 

私は、Major GodにThe Brine Kingを選んでいます。

Life量があまり多くないので、スタンハメによる死亡を避けたいというのが理由です。

もしくは、Arakaaliによって出血や毒で受けるダメージを減らしても良いかもしれません。

 

(※最後までアップグレードした方が良いです。)

 

Minor GodにはとりあえずRyslathaを選んでいます。

 

 

この能力が良い・・・というよりは、他にマッチするような能力がない消去方によるものです。

Shakariによって被カオスダメージを減らすという手も良さそうです。

 


10.ジェムリンク

 

メインスキル 6L

  1. Spectral Shield Throw
  2. Physical Projectile Attack Damage
  3. Elemental Damage with Attacks
  4. Elemental Focus
  5. Cold Penetration
  6. Maim

※Maimの代わりにDamage on Full Lifeでも良いと思いますが、Vaal Pactの仕様が変わったので安定するMaimを使っています。

 

Shield Charge 3L

  1. Shield Charge
  2. Faster Attacks
  3. Fortify

 

オーラ

  1. Hatred
  2. Herald of Ash

 

CwDTセット 2L

  1. Cast when Damage Taken
  2. Immortal Call

 

 

あとは空いているソケットに、

  • Summon Ice Golem
  • Portal
  • Decoy Totem
  • Ancestral Protector

とかを適当に入れれば良いと思います。

 


11.序盤~中盤のレベリング

 

SSTはAct1で早々に入手でき、序盤からのレベリングにおいても十分な強さがあります。

入手できた時点ですぐに乗り換えても大丈夫です。

Actを進めていくにつれて盾を能力値が高いものへと乗り替えていけば、無資産からでもある程度の火力を得られます。

ただし、SSTジェム自体がPhysicalダメージを持つため、途中でジェムレベルの低いSSTを使い始めるということは避けた方が良いです。

SSTをすぐに使わないなら、サブ武器などにはめ込んでジェムを育てておきましょう。

また、レベル26からEwar’s Mirageを装備可能になることも覚えておいてください。

 

 

育成用のUniqueアイテムを持っているのであれば、途中まで弓キャラクターとして育てるのも手です。

Split Arrow → Lightning Arrow + LMP → Tornado Shot + GMP or Blast Rain + incAoE

という具合に乗り替えていけば良いでしょう。

 


12.最後にSSTビルドを遊んでみての感想

 

実際に私がSSTをプレイした様子は、[PoEプレイ日記] Bestiaryリーグ 1から見ていくことができます。(SSTとは関係ない内容も多いです。)

 

PoE 3.2現在、私のSSTへの評価は、「範囲殲滅力は十分にあるけれど、単体火力が少し弱い」というものです。

もちろん、私がプレイしたキャラクターにはまだまだ強くなれる余地があります。

しかし、そういった伸びしろを考慮しても、同じ時間と費用をかけるなら他にもっと優れたビルドが存在するのも事実です。

特に、現在の最終ボスであるUber Elderを楽に倒せるような、ぶっ飛んだ攻撃力を出せなければ、ぶっ飛んだ防御力も得られない事は大きなマイナス面です。

 

特にSSTは、コンセプトと矛盾する問題点を持っていることが気になります。

 

SSTを使用する最大のメリットであり、制約であるのは盾を装備する事です。

盾を装備するということは、両手武器を用いるビルドに比べて防御面で優れていなければなりません。

ところが、SSTで他のビルドのように火力を求めていくと盾から防御性能を得られなくなってしまいます。

1つ分かりやすい例を挙げるなら、火力を求めて限界までArmourやEvasionを積もうとすると、Prefixに空きがなくなり盾からLifeを得られなくなります。

正確にはArmourやEvasionがあるにはあるのですが、現在のPoEではこれらの能力値は強大なボスモンスターを相手にする際に無力です。

また、Lifeを捨てた盾を用いても単体への火力は他の優れたビルドに遠く及びません。

これでは、他のスキルではなく敢えてSSTを使う理由が見当たらない・・・というように感じました。

 

ならば、戦場を移してみましょう。

ボスモンスターを倒すのに向いていないなら、雑魚モンスターを高速で倒せればファームスキルとして生きる道が生まれます。

雑魚モンスターを倒す分にはLioneye’s RemorseなどのLife付きの盾を装備していても十分な火力が出ますし、ArmourやEvasionも効果的です。

 

ところが、ここにも障害があります。

SSTにおけるPierce、Fork、Chain、Additional Projectilesなどのメカニクスはとてもユニークであるとは思いますが、

実際にモンスターの群れにSSTを投げると、1~3体のモンスターが生き残るということがよく起こります。

見た目に反してSSTによって投げた盾の当たり判定は狭く、生き残ったモンスターを倒すにはよく狙って撃たなければなりません。

まぁ、ちゃんとカーソルを合わせて狙えばそれで済む話なのですが、

適当な位置取りやカーソルの動かし方で倒していけるRF、Tornado Shot、Kinetic Blastなどと比べると、

長時間のファームにおいてはプレイヤーの負担になってしまうでしょう。

 

モンスターが生き残ってしまうのを防ぐには、某MathilがやっていたようにChainに加えてForkまで使うようなビルドへとアレンジする必要がありそうです。

ファーム用ビルドとして特化させれば、マップクリアスピードはなかなかに速く快適になると思います。

 

最終的にSSTは、大体のエンドゲームボスを倒せるくらいのポテンシャルは持っているけれど、

快適なファームとも両立させるには装備セットが複数必要になってしまう手間のかかる子です。

 

手間がかかる子ほど可愛いと言いますし、どうぞSSTと遊んでやってください。


[PoE Buildガイド] Spectral Shield Throw Deadeye” への2件のコメント

  1. 遅ればせながら今SSTで遊んでいるのですが少数残った敵の処理が本当にネックですね
    爆発しなくていいからGMPで盾が増えてくれたらなぁ

    1. 私もAdditional Projectilesで同時に投げる盾が増えないのは残念に感じました。
      何かしらのバフが入ると良いのですが、現在のGGGは他スキルのRevampに夢中になっていそうですねー。

コメントはこちらから