[PoE] TempleのTierを計算する

Temple of AtzoatlのTier(モンスターレベル)をコントロールしたいというお話です。

部屋のTierのことではありません。

 


Temple of AtzoatlのTierの決まり方

 

まずはこれを知らなければなりません。

Tierが決まる計算式は、英語Wikiに載っています。

 

The area level of the temple is determined by the average level of zones a player opened incursions in plus 4 levels, however its capped at the highest level of one of incursion the player did open.

For example a player opened:

6 incursions at area level 78 (map tier 11)
3 incursions at area level 79 (map tier 12)
1 incursion at area level 81 (map tier 14)
1 incursion at area level 83 (map tier 16)
equals an average of area level 79 (map tier 12) plus 4 levels which results in area level 83.

 

Templeのエリアレベルは、プレイヤーがIncursionを開いたゾーンのレベル平均に+4レベルしたものとなります。

しかし、プレイヤーが開いたIncursionの中の最も高いレベルで制限がかけられています。

例えば、プレイヤーが:

エリアレベル78(Map Tier 11)でIncursionを6回

エリアレベル79(Map Tier 12)でIncursionを3回

エリアレベル81(Map Tier 14)でIncursionを1回

エリアレベル83(Map Tier 16)でIncursionを1回

行ったとすると、エリアレベルの平均は79(Map Tier 12)となり、+4するとTempleのエリアレベルは83となります。

 

分かりやすい説明なのですが、これだけでは細かい部分までは分かりませんよね。

つまり、エリアレベルの平均が常に割り切れた値になるとは限らないので、

小数点以下が発生した場合の扱いが知りたくなりました。

 

そこで何回かケースを分けてTempleを開いてみました。

(楽に計算する都合上、レベルではなくTierで計算してます。)

 

 Incursionを開いたTier平均Tier実際に開かれたTempleのTier
調査1回目 T11*9回、T13*1回、T15*1回T11.5454…T15
調査2回目 T11*10回、T15*1回T11.3636…T15
調査3回目 T10*4回、T11*6回、T15*1回T11T15
調査4回目 T10*5回、T11*5回、T15*1回T10.9090…T14

 

というわけで、TempleのTierは小数点切り捨ての平均Tier+4となるようです。

 


Tempel of Atzoatl Tier計算機

 

無事に細かい仕様も分かったところで、

メモ帳に自分が開いたIncursionのTierをメモりながら、なるべく高いTierのTempleを開こうとしていました。

 

しばらくやっていると、手作業でメモったり計算したりがとても面倒に感じてしまったので、

この作業をサポートしてくれるツールをGoogleスプレッドシートで作ってみました。

 

 

使ってみたいという人向けに、閲覧限定で公開しています。

 


Tempel of Atzoatl Tier計算機の使い方

 

当初は自分向けに適当に作ったものなのでUIが分かりづらいかもしれません。

なので、説明画像を作っておきました。

 

 

要は、「目標Tier」を決めて、「必要合計Tier」が0になるのを目指しながら、

「最高Tier制限」が◯となるようにIncursionしていけば良いわけです。

 

 

では、実際にこのスプレッドシートを使えるようになるまでの手順を書いておきます。

まず、各自でこのスプレッドシートのコピーを作成してください。

 

 

 

ポップアップが出てくるので、OKを押せばご自身のGoogleアカウントにスプレッドシートがコピーされます。

 

 

 

次にコピーしたスプレッドシートを開いて適当なボタンを押してみましょう。

このスプレッドシートはスクリプトで動いています。

初回は少し待つかもしれませんが、スクリプトが実行されるタイミングでスクリプト動作への許可が必要になるはずです。

 

 

 

許可するためのご自身のアカウントを選択しましょう。

 

 

 

「詳細」という箇所をクリックすると展開されます。

 

 

 

緑円のところにあるリンクをクリックしましょう。

 

 

 

最後に、許可を押します。

 

 

これでスクリプトが動作するようになり、普通に使えるようになったと思います。

少し手間ですが、セキュリティの観点から必要なことなのでしょう。

 


Googleスプレッドシートのアプリケーション化

 

ブラウザにChromeを使っているならアプリケーション化して使うという方法があります。

計算機を開いた状態で、ブラウザの設定からショートカットを作成します。

 

 

 

ポップアップが出てきますが、そのまま作成。

 

 

 

デスクトップにショートカットが作成されているはずです。

 

 

ここから起動すると、通常のブラウザとは別ウィンドウで立ち上がり、余分なスペースも削ぎ落とせるので、

スタンドアローンのアプリケーションのように扱えて重宝しています。

 


使い方でよく分からないところがあれば、コメントでご質問ください。

バグ報告もいただけると嬉しいです。

ご要望にはお答えできる時間がとれるか分かりません。


コメントはこちらから