[PoE] The Corruption Chamber

PoE公式にてCorruption Chamberに関する情報が公開されました。

 

 


意訳

 

Incursionリーグでは、Alva Valaiが建設中のAtzoatl神殿の部屋へと送り込みます。

これにより神殿の場所を知ったり、神殿の開発を操作することができます。

そして、現代の神殿の廃墟の場所をAlvaが見つけた時、報酬を手に入れることができます。

 

昨日、我々は2つのCorrupted Implicitsを公開しました。

きっと、この効果をどうやってアイテムに付与できるのか気になっていると思います!

その答えは、Atzoatl神殿にある多くの秘密の中にあります。

 

最大までアップグレードされたTier3のCorruption Chamber内には、Corruption Altarがあります。

Corruption Altarではアイテムを”super-corrupt”させることができます。

Vaal Orbのように、Altarを使うことでとても強力な報酬を得られる可能性があります。

しかし、あなたのアイテムを完全に破壊してしまうこともあります。

 

 

Incursionしている際にCorruption Chamberに遭遇したなら、この部屋を交換するかアーキテクトを選んで倒すことでアップグレードするチャンスです。

全てのTierのCorruption部屋は最後の神殿で最大レジストへのペナルティが発生するため、危険性を考えながら決定する必要があります。

もし、最後の部屋(最後の神殿のこと?)に最初の2つのTierのうちどちらかのCorruption Chamberを持っているなら、ペナルティによって苦しみ、Corruption Altarにも遭遇できません・・・。

 

リスクを評価するために、Corruption Altarによるクラフトで得られる4つの結果について考えてみましょう。:

  • アイテムがElderかShaperアイテムへと変化します。
    ソケット数、ソケットカラー、アイテムmod、リンクは、ランダムに決定されます。
  • アイテムの全てのソケットが白ソケットへと変わります。
  • アイテムに2つのCorrupted Implicitが付与されます。
  • アイテムが破壊されます。

 

どの結果も等しい確率で起こります。

既にCorrupted状態のアイテムはAltarで使用することはできません。

 

Incursionすることで遭遇する部屋には、最大までアップグレードすることでのみ報酬を入手できるパターンがあり、同じパターンに沿った沢山の変化形があります。

神殿の秘密を見つけていくにつれて、どの部屋を交換するべきか、どの部屋をキープするのが賢いのか、を自然と見極められるようになるでしょう。

11回のIncursionのセットの中で、部屋にアクセスできるタイミングが早いのか遅いのかは、部屋をアップグレードするのか交換するのかを決める要因となるでしょう。

例えば、10回目のIncursionで初めてCorruption部屋へ入るのであれば、最後の神殿までにアップグレードが間に合わないので、恐らく他の部屋と交換することになるでしょう。

 

とは言え、各レベルで報酬を得られる部屋は沢山ありますし、アンロックすることでもっと沢山の報酬を得られるというだけです!

来週のニュースの中で、これらに関してもっと多くをお見せするつもりです。

 


11回のIncursionの中でCorruption Chamberの部屋をTier3までアップグレードする。

現代の神殿でCorruption Altarに遭遇できる。

 

って流れかな?

色々とリスキーですがその分リワードも大きいという設計のようです。


[PoE] The Corruption Chamber” への4件のコメント

  1. 『超ぶっ壊れ』というある意味ド直球のネーミングセンスはテンセントのせい(言いがかり

コメントはこちらから