[PoE] Trade Site Improvements

PoE公式にてPoE公式のトレードサイトの改善についてアナウンスがありました。

 

 


適当な訳

 

PoE公式のトレードサイトを立ち上げて以来、我々はみなさんのフィードバック・コメント・提案に目を通して、このトレードサイトをできる限り改善しようと試みてきました。

本日のニュース投稿は、既に実装した沢山の変更点を振り返り、みなさんの望むようにさらに変更していくためのフィードバックをもっと送ってもらうための機会にしたいと思います。

 

パッチ3.3.0dでは、2つのフォーマット選択を追加しました。

コンパクトモードとコンパクト2列モードです。

コンパクトモードは、みなさんの期待した通りです。

画面上の大量の余白を削減して、関連する情報を表示します。

これは多くのプレイヤーにとって可読性を改善しました。

コンパクト2列モードではコンパクトモードと同じフォーマットですが、結果が2列で表示されて、さらにコンパクトに情報を表示します。

プレイヤーの検索結果の表示方法に少し柔軟性を持たせたこれらの変更に、我々は特に満足しています。

 

また、リストに登録された時間によってアイテムをフィルターする機能も追加しました。

これによってプレイヤーは新たに登録されたアイテムを最初に見ることができたり、しばらくの間リストに登録されているアイテムを見ることができます。

 

modがPrefixであるかSuffixであるか、もしくはHybrid mod(PrefixとSuffixの混合)であるかを見ることも可能です。

これによって、検索結果で使用可能なmodスロットが残っているかどうかをプレイヤーがより正確に判断できるようになります。

 

 

もう1つの小さな改善は、PrefixやSuffixが空いているアイテムを検索できるようになったことです。

潜在的に大きな能力をもったアイテムをお手軽に見つけられます。

 

 

我々が最近実装した大きな改善は、Live Searchの結果が反映されるまでの時間を大幅に改善したことでした。

ほぼリアルタイムで結果が反映されます!

 

Bulk Item Exchangeでは、プレイヤーが持っていなければならない最低ストック数を設定して検索できる機能を追加しました。

これによって、大量購入したいプレイヤーが、少量しかカレンシーを持たないプレイヤーをリストからフィルターで除外できるようになります。

 

最後に、我々の満足する最も最近の改善は3.3.1bで追加されました。

Live SearchのWeb通知です。

クリックするとLive Searchの結果に直接飛んで、マッチするものをとても簡単に見ることができます。

 

 

将来を見据えて、自由なテキストでアイテム名を検索できるようにする機能を追加する計画でいます。

例えば、”Chemist’s Divine Life Flask of Staunching”と検索することができ、名前がマッチするかに基づいて結果が返されます。

 

みなさんにとても有用なフィードバックを頻繁に送っていただかなければ、これらの改善は全て不可能だったでしょう。

我々はトレードサイトへのコミュニティーの反応を嬉しく思い、今後がどうなるか楽しみにしています。

可能な限り最善を尽くすつもりでいますので、みなさんのフィードバック・提案を引き続きお待ちしています。

 


PoE公式のトレードサイトに色々な機能が追加されていたんですね!

 

かく言う私も既に、PoE公式のトレードサイトがコンパクト2列モードで表示できるようになって使いやすくなったこと。

リストに掲載されるまでの時間がpoe.tradeよりも早いこと。

に気が付いていて、今リーグからPoE公式のトレードサイトをメインで使っています。

poe.tradeを完全に使わなくなるかは分かりませんが、良い機会なので公式の方にも慣れておこうと思っています。

 

引き続き改善していく意思があるようですし、今後は主流のトレードサイトになるかもしれませんね。

個人的にはゲーム内でもトレードをサポートする機能を追加して欲しいなと思います。


コメントはこちらから