[PoE] What We’re Working On

PoE公式にて開発チームの取り組みや今後の予定についてアナウンスがありました。

 

 


意訳

 

Delveの期間も半分が過ぎました。

そこで、次の拡張までの残された期間に予想される最新情報をみなさんにお伝えしたいと思いました。

 

先週、我々はバグ修正とDelveを少し改善したパッチ3.4.3eを適用しました。

我々が意図していたリーグへの重要な変更のほとんどが今では適用されていますので、今後も小さなバグ修正を行うことになりそうです。

 

開発チームは現在、12月の1週目に開始予定のコンテンツアップデート3.5.0へ注力しています。

これは、我々が開始の3週間前である11月9日あたりに拡張の詳細をアナウンスすることを意味しています。

次の拡張は、Bestiary、Incursion、Delveよりも僅かに大きなサイズになっています。

 

今回はリーグの最終月にフラッシュバック(や似たような)イベントは開催しません。

Delveでのプレイヤー数の維持は優れており、鉱山の無限性によるものです。

プレイヤーのみなさんには、平行して開催されるイベントに移行するかどうかを判断しなくても良いように、既存のリーグで進捗を継続できるようにしたいと思っています。

 

そうは言いましたが、我々は既存/今後のリーグとは別に小さな事に取り組んでおり、近いうちにそれについてお話できるかもしれません。

 


今リーグでのフラッシュバックイベントは開催されないんですねー。

開催されるなら参加しようかなと、ちょっと期待していたので残念です。


[PoE] What We’re Working On” への6件のコメント

  1. 無限性っつーかボス出なさ過ぎて鉱山でゾンビのごとく彷徨ってるExileが多いだけなのでは・・・

  2. 今期はいかに3ヶ月プレイヤーをPoEから離れさせないかってのを大きな目標としてやってる感じがありますね。
    廃人が20日、普通の人でもソロ専でも無い限り2ヶ月はかからず36は達成出来てたのでどうしても一ヶ月以上PoEから別ゲーに逃げられてたんですよね。
    逃げられれば逃げられるほど課金してくれるチャンスも減りますし、そのまま別ゲーにサヨウナラもあるでしょう。
    穴埋めのためにフラッシュバックをやってましたが、同じ内容では流石に飽きます。レースやるにしても次はflashback turmoil meyhem以外でお願いしたいもんですなぁ。

    1. プレイヤー数の維持はGGGにとっても大きな課題ですよね。
      Delveのようにやり込み系コンテンツを実装すれば改善するという実績ができたのは重要そうです。

      私もレースイベントをやるなら一風変わった内容でやってみたいと感じていました。
      無限ダンジョンのDelveを活用すれば面白そうなイベントを開催できそうですねー。

  3. フラバ無しはアクティブが今までのと比べ減りが少ないのもあるんでしょうが、24/36チャレ達成率がまだまだ低いってのも関係してそう

    1. > 24/36チャレ達成率がまだまだ低いってのも関係してそう
      それもありそうですね!
      チャレンジ緩和が来たのも「Complete Delve Encounters IV」のみですし、以前に公開された統計から大きく変わってはいなさそうですよね。

コメントはこちらから