Sextantを使うのは損か得か その2

Sextantについては以前取り上げたのですが、

また気になってしまったので取り上げてみます。

元ネタはRedditです。

 


AbyssマップSextantあり、なしで100周ずつ周回した人が収支結果を投稿していました。

 

 

気をつけて見る点は、

  • ZanaクラフトでBreach modをつけた。
  • マップに散らばっている箱(chest)の95%以上を開けた。
  • 1周あたりに掛かっている時間に差が出ていない。
    (厳密には、Sextantの分モンスターは増えるので倒す時間は必要になる。)
  • アイテム整理に掛かる時間は計上されていない。

といったあたりです。

“per hour”の部分は少し信頼性が落ちそうですが、その他は上手く纏まっている表だと思います。

 

Sextantありは、なしと比較して

  • 支出(掛かったコスト)は59.6%増
  • 収入(稼いだ額)は75.35%増
  • 収支(稼ぎ – コスト)で見ると、88.71%増

となるのでSextantを使用した方が良いという結果になります。

 


個人的には、赤SextantとBreach modを使って黒字になるというのに少し驚きましたが

これにはいくつか条件が必要になると思います。

今回の例で言うなら、

  • Abyssマップのようにマップ自体のコストが高い。
  • Sextantはリロールしない。
  • IIQ、IIRを大量に稼ぐ。
  • 箱や壺などの配置が多い。
    Exalt 3つとThe King’s Heartの1/3以上は箱から出たとのこと。)

あたりでしょうか。

Abyss自体はBreachとの相性があまり良くない気がするので、Breach modが本当に必要かどうかは分かりません。

うまく条件にマッチするように使えば黒字を出せるということですね。

 

相場はリーグや時期によっても大きく異なってくるので、その都度考える必要がありそうです。

 


Loot from 100 Abyss with sextant vs without sextant from pathofexile


コメントはこちらから